【Anselm Kiefer|アンゼルム・キーファー~新表現主義の巨匠!!~】

Anselm Kiefer/アンゼルム・キーファー

<プロフィール>

 アンゼルム・キーファーは、ドイツが降伏する直前の1945年3月8日、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ドナウエッシンゲンに生まれた戦後ドイツを代表するアーティストです。

 1965年からの一年間、フライブルク大学で法律を学びましたが、翌年、カールスルーエのアカデミーデルビルデンデンキュンシュタートで絵画を学び始めました。更にその翌年、デュッセルドルフ芸術アカデミーでヨーゼフ・ボイスらに師事し、絵画を学びました。

 代表作として、「マルガレーテ」(1981)、「オシリスとイシス」(1986〜87)、「2つの大河に挟まれし土地(女司祭)」(1986〜88)などがあげられます。

 日本との関わりもあり、1993年に大規模回顧展「アンゼルム・キーファー展 メランコリア―知の翼」が京都国立近代美術館で開催されました。また、その六年後、高松宮殿下記念世界文化賞(1999)を受賞。現在、75歳であるにもかかわらず、いまだに衰えを感じさせません。

デュッセルドルフ美術アカデミー/Hauptgebäude der Kunstakademie Düsseldorf (Nordfassade)
URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a5/Kunstakademie_in_Duesseldorf-Altstadt%2C_von_Nordwesten.jpg/1280px-Kunstakademie_in_Duesseldorf-Altstadt%2C_von_Nordwesten.jpg

<作品>

 キーファーの扱うテーマは、一言で言ってしまえば歴史です。古代ギリシア・ローマ、新約聖書、戦前/戦後ドイツの価値観など様々な時代からの文脈において「主題」「意味」を重視し作品をつくります。1980年代に脚光を浴び、新表現主義(Neo-expressionism)を代表する作家となりました。

Man under a Pyramid 1996 Anselm Kiefer born 1945 ARTIST ROOMS Acquired jointly with the National Galleries of Scotland through The d’Offay Donation with assistance from the National Heritage Memorial Fund and the Art Fund 2008 http://www.tate.org.uk/art/work/AR00037
Abstand windschiefer Geraden 2010 Anselm Kiefer born 1945 ARTIST ROOMS Tate and the National Galleries of Scotland. Acquired jointly through The d’Offay Donation with assistance from the National Heritage Memorial Fund and the Art Fund 2011 http://www.tate.org.uk/art/work/AR01224

 アンゼルム・キーファーの作品でまず最初に目につくのは、なんといってもその素材でしょう。わらをキャンバスに付着させ、マチェテと呼ばれる中南米の地元の人が使う山刀を使い描きます。その姿は、絵を描くというより、絵を削り取っているようにも見えるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=HaWt0tuPErUより

 彼が藁を使う理由として、幼いころ農場で育った経験があるからといいます。牛を飼っていた経験があり、本人も牛や藁に関して非常になじみ深いことを言及しています。この幼少期からの経験と、「素材の中には、すでに神秘性が存在する。」という彼が素材を通して学んだことが重なり、藁を使う作品が生まれました。彼の作品に共通する、色を素材として扱うという考え方が非常によくわかります。

URL:https://www.dw.com/image/18918372_303.jpg
URL:https://www.artlyst.com/wpcontent/uploads/2018/04/AK1.jpg

 キーファーは、藁を使うことでも有名ですが、鉛を使うことでも有名で、17歳からその美しさに魅了され、使用しています。その魅力は、金を作るための最初のステップで使われるところから来ると彼は述べています。

URL:https://cdn.wallpaper.com/main/styles/responsive_770w_scale/s3/anselm-kiefer-copenhagen-contemporary-04.jpgURL:https://cdn.wallpaper.com/main/anselm-kiefer-copenhagen-contemporary-08_0.jpg?BGCdLvv1o2VchUfF7ijjcdbO855ulIB4
URL:https://cdn.wallpaper.com/main/styles/responsive_770w_scale/s3/anselm-kiefer-copenhagen-contemporary-06.jpg

 キーファーの作品のテーマは歴史的なものに加え、数学や物理学も扱っています。特に、この世の中は9次元空間で成り立つと予想している、超弦理論に強い関心を持っています。

超弦理論に触発された作品を見た数学者は「That’s it!」と叫んだといいます。他にも、数論で偉大な功績を残した数学者、シュリニヴァーサ・ラマヌジャンのラマヌジャン総和法を表現した作品もあり、その知識の深さは底知れません。

Anselm Kiefer’s Der Gordische Knoten (2019) CREDIT: © ANSELM KIEFER. PHOTO © GEORGES PONCET, COURTESY WHITE CUBE
URL:https://www.telegraph.co.uk/content/dam/art/2019/11/19/TELEMMGLPICT000216659129_1_trans_NvBQzQNjv4Bq4lB4GFcd2ffyksCJoOxtkS2rTwsK4baht9cUDr9QcPE.jpeg
Ramanujan Summation – 1/12 2019 CREDIT: © ANSELM KIEFER. PHOTO © CHARLES DUPRAT, COURTESY WHITE CUBE
URL:https://www.cobosocial.com/wp-content/uploads/2019/11/Anselm-Kiefer-Ramanujan-Summation-112-2019-medium-res.jpg

 日本での個展の予定は今のところ公開されていませんが、今後開催される際はぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

<参考文献>

TOP画像:http://www.papiercolle.net/critique/image/kiffer/kiefer2.gif

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

https://www.youtube.com/watch?v=HaWt0tuPErU

https://www.guggenheim.org/artwork/artist/anselm-kiefer

https://www.metmuseum.org/toah/hd/kief/hd_kief.htm

https://www.artsy.net/artist/anselm-kiefer

http://www.artnet.com/artists/anselm-kiefer/

https://www.theguardian.com/artanddesign/2019/nov/25/anselm-kiefer-when-i-make-a-truly-great-painting-then-i-feel-real