いつだってハード依存のクリエイティブはカッコ悪い

なかなかハードな表題をつけさせて頂きました。
ですが、現実的な問題として、クリエイティブに関わる全ての人が認識しておくべき話題だと思いましたので、書かせて頂きたく思います。

では早速本題へ。
“ハード依存のクリエイティブ”とは、一体何か?

まずはハードの定義について。
例えるなら、

・Macが”ハード”、Adobe CCが”ソフト”
・PS4が”ハード”、ウイニングイレブンが”ソフト”

です。
これでハードの定義が伝わったかと思います。

では、何故ハード依存のクリエイティブはカッコ悪いのか?

それは、ハードに依存したクリエイティブには、そこにクリエイティブへの想いがないからである。

具体的な例を出すと
2019年のイマの時代で、”単純に”ドローンを多用した動画はカッコ悪い。
何故なら、完全にハード依存でそこにはクリエイティブさがなく、内容がペラペラだから。
思想が投影された映像じゃないとそれはすぐに廃れ、消費される映像になる。

ドローンを使って「おぉー!」って時代はもうとっくの前に終わってる。

もうわかったよね?
ハードじゃない。
コンテンツで勝負する時代だよ。

コンテンツに想いを。


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!