3分で基礎から学べるアンディ・ウォーホル!

「アンディ・ウォーホルの名前は知っているけど、どんな人なのか知らない」
「アンディ・ウォーホルの作品って何がすごいの?」
「そもそもアンディ・ウォーホルの作品って何があるのかわからない」

この記事はそんな悩みを持った人向けです!

この記事でわかること
・アンディ・ウォーホルの人生

・ポップアートの解説

・アンディ・ウォーホルの作品

この記事はアンディ・ウォーホルについて3分で基礎から学べるものとなっています!この記事を読み終わったら、あなたはアンディ・ウォーホルをもっと楽しめるようになっていますよ!

では、さっそくアンディ・ウォーホルについて解説していきたいと思います!

アンディ・ウォーホルってどんな人?

ここではこんな悩みを解決します!
「アンディ・ウォーホルの名前は知っているけど、どんな人なのか知らない」

これから上記の悩みを持った人のために、アンディ・ウォーホルの人生についてご紹介したいと思います!

ソース元

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)は、1928年8月6日にアメリカのペンシルベニア州ピッツバーグに生まれました。本名はアンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola)です。

アンディ・ウォーホルはカトリック教との両親の息子として育ち、よく教会に通っていました。彼は日光アレルギーを持っており、肌は白く、鼻が赤かった。白い髪の毛はカツラだったことも有名です。

アンディ・ウォーホルは8歳の頃に神経症であるハンチントン病にかかり、数ヶ月の間、寝たきりの状態になりました。その時に芸術家であった母から初めて絵画のレッスンを受けました。その後、9歳の頃にカメラを購入してもらい、カメラの世界にものめり込んで行きました。

アンディ・ウォーホルは高校卒業後、カーネギー工科大学に進学し、絵画デザインについて学びました。彼は1949年に美術学士号を取得し、大学卒業後は商業芸術家としてのキャリアを積むためにニューヨークへと移住しました。

ソース元

商業芸術家としてアンディ・ウォーホルは、「VOGUE」や「Harper’s BAZAAR」などの有名雑誌や広告を制作し、1950年代で最も成功した商業アーティストとして知られるようになりました。

そして1960年、アンディ・ウォーホルはイラストレーターの世界を離れ、大量生産・大量消費の大衆文化に焦点を当てた「ポップアート」の概念を1961年に発表しました。1962年には彼の代表作であるキャンベルのスープ缶を展示し、世界的に注目を集めました。そして、シルクスクリーンプリントという版画の技術を使い、作品を量産しました。

1968年の彼が40歳の頃、彼はラディカル・フェミニズム団体の一員に銃撃され、3発打たれました。その内の1発が彼の左肺あたりの命中しましたが、命は取り留めました。

そしてアンディ・ウォーホルは心臓発作が原因で、1987年2月の58歳で亡くなりました。

▼以下の動画では、アンディ・ウォーホルが実際にインタビューを受け、会話している様子を見ることができます!

ポップアートってなに?

ここではこんな悩みを解決します!
「アンディ・ウォーホルの作品って何がすごいの?」

アンディ・ウォーホルの作品は主にポップアートと言われるジャンルのアートです。これから上記の悩みを持った人のためにポップアートについてご紹介したいと思います!

ポップアートとは、大衆文化をテーマに作品を制作する美術様式です。

第二次世界大戦前までは、風景や人物をテーマに作品を制作するのが主流でした。そのため、大衆文化をテーマにしたポップアートは芸術界で確信的な存在でした。

有名なポップアーティストとしては、アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、草間彌生などが挙げられます。

より詳しくポップアートについて知りたい方は以下の記事をご覧ください!
▼【まるっと理解!】ポップアートってなんですか?

アンディ・ウォーホルの代表作品

ここではこんな悩みを解決します!
「そもそもアンディ・ウォーホルの作品って何があるのかわからない」

最後にここでは上記の悩みを持った人のために、アンディ・ウォーホルの作品を3つご紹介したいと思います!

キャンベルのスープ缶-1962年

これはアンディ・ウォーホルが初めて制作したポップアート作品です。このスープ缶は当時キャンベル社が販売していたシリーズのデザインを描いています。この作品は本物のスープ缶が陳列されていた食料品の通路に展示されていました。

ソース元

マリリンのディスパッチ-1962年

この作品は亡くなったマリリンモンローへ敬意を示して制作されました。この作品には「ナイアガラの女優」の宣伝写真を使われています。作品の左側はカラーで、右側は白黒となっています。カラーと白黒で分かれているのは、生と死を融合させるためと言われています。

ソース元

毛沢東のポートレイト-1973

この作品はアンディーウォーホルは中国共産主義のプロパガンダに負のイメージを持っており、わざと毛沢東の顔に落書きしているようにデザインしました。この毛沢東の写真は天安門広場に飾られている毛沢東の肖像画をコピーしたものです

ソース元

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアンディ・ウォーホルについて3分で基礎から学べるものように記事をまとめました。

ポップアートのアーティストは他にも数多く存在し、アンディ・ウォーホルの作品をより楽しむためには、そんな他のアーティスト達の作品と比較する必要があります。

Euphoric””では、今後も数多くのアーティストをご紹介していくだけではなく、弊社デザイナーが使っているAdobeソフトのイラレやフォトショのチュートリアル、3Dプリンターの解説などを記事にしています。

是非、そちらの記事も見てみてくださいね!

参考文献

TOP画像:https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/art/news/andy-warhol-90th-birthday-15-minutes-fame-celebrity-love-island-instagram-a8479041.html

https://www.biography.com/artist/andy-warhol

https://www.artlife.com/andy-warhols-top-10-paintings/