【メンテナンスアート】地球環境を作品で訴える、ミエルレ・ラダーマン・ウケレス




ミエルレ・ラダーマン・ウケレスは、ニューヨークに拠点を置く、地球環境に訴える作品を制作するメンテナンス・アーティストです。

今回はウケレスについて、彼女の作品と共にご紹介します!

ミエルレ・ラダーマン・ウケレスってどんな人?

https://www.echigo-tsumari.jp/en/art/artist/mierle-laderman-ukeles/

<名前>
ミエルレ・ラダーマン・ウケレス(Mierle Laderman Ukeles) 

<国籍>
アメリカ合衆国

<経歴>
ミエルレ・ラダーマン・ウケレス(Mierle Laderman Ukeles) は1939年にアメリカのコロラド州デンバーに生まれました。

ウケレスはバーナード大学で歴史国際研究を学び、その後ニューヨークのパレット・インスティテュート芸術の勉強を始めました。
そして1974年にニューヨーク大学で芸術に関する修士号を取得しました。

その後1970年代、彼女はアメリカで運営されている公立美術館であるアドワーズアテネウムなどの芸術のワークスペースの管理に従事していました。
1977年からはニューヨーク市衛生局のアーティストとして勤務し始めました。

そして2019年に、芸術界に大きな影響を与えているが、公には知られていないアーティストに対して贈られるフランシスJ.グリーンバーガー賞を受賞しました。

ミエルレ・ラダーマン・ウケレスの代表作品

Maintenance Art

クイーンズミュージアムのアトリウムに展示されているウクレスの作品です。
この作品の鉄筋の先には作業用の手袋が刺されており、全て公園や道路、交通機関から回収されたもので、穴が空いていたり、作業用のグリースがついていたりと、多くの労働の痕跡が見られます。

http://moussemagazine.it/mierle-laderman-ukeles-maintenance-art-queens-museum-new-york/
http://moussemagazine.it/mierle-laderman-ukeles-maintenance-art-queens-museum-new-york/
http://moussemagazine.it/mierle-laderman-ukeles-maintenance-art-queens-museum-new-york/

for→forever…

ウケレスがcovid-19を背景に、ニューヨーク市のサービスワーカーに敬意を評して本作品を制作しました。現在はニューヨークの地下鉄のスクリーン、タイムズスクエアの看板、クイーンズミュージアムに展示されています。

https://www.artnews.com/art-news/artists/mierle-laderman-ukeles-thanks-workers-coronavirus-1234570124/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まで様々なアーティストをご紹介してきましたが、環境に対してアプローチしているアーティストは初めてだと思います。

特に、covid-19を背景にサービスワーカーに対して贈られた作品は、グッと惹かれますね!

参考文献

TOP画像:READER|Mierle Laderman Ukeles lecture

ARTnews|Artist Mierle Laderman Ukeles Pays Homage to Front-Line Workers in New Powerful Coronavirus Piece

WIKIPEDIA|Mierle Laderman Ukeles