【特典付】「鉄道と美術の150年」が東京ステーションギャラリーで開催!

立石大河亞《香春岳対サント・ビクトワール山》1992年、田川市美術館

2022年10月8日(土)より「鉄道と美術の150年」が東京ステーションギャラリーで開催されます!
東京ステーションギャラリーでは、企画展「鉄道と美術の150年」を2022年10月8日(土)から2023年1月9日(月・祝)まで開催します。

本展は、日本の鉄道開業150周年を記念した展覧会です。1872年の鉄道開業以来、今日に至る鉄道史を、錦絵から近現代美術まで、鉄道をモチーフにした作品とともに振り返ります。

美術を介して鉄道史を振り返るとき、どのような「歴史」が見えてくるのか ——。鉄道通史の表と裏、あるいは鉄道にまつわる大きな物語と小さな物語を往還しながら、“もうひとつの鉄道150年史”を紹介します。

「鉄道と美術の150年」展覧会情報

会期
会場 東京ステーションギャラリー
特設サイト https://www.ejrcf.or.jp/gallery
開室時間 10:00~18:00(金曜日〜20:00)*入館は閉館30分前まで
観覧料 一般1,400円、高校・大学生1,200円、中学生以下無料
休館日 月曜日(10月10日、1月2日、1月9日は開館)、10月11日、12月29日~1月1日
住所

*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
*最新情報・チケット購入方法は当館ウェブサイトでご確認ください
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります
*当館は6年半の休館を経て2012年10月14日(鉄道の日)に再開館しました。2022年は東京駅丸の内駅舎保存・復原工事完成10周年にあたります

「鉄道と美術の150年」展示作品

平田実《「路上歩行展」と通勤者たち(中村宏・立石紘一作): 東京駅~京橋かいわい》1964年(プリント2016年)、東京ステーションギャラリー
香月泰男《煙》1969年、山口県立美術館
長谷川利行《赤い機罐車庫》1928年、鉄道博物館
河鍋暁斎『地獄極楽めぐり図』より「極楽行きの汽車」1872年、静嘉堂文庫美術館 画像提供:静嘉堂文庫美術館/DNPartcom *展示期間:10/8~11/6
田中靖望《機関車》1937年(複写プリント)、名古屋市美術館

特典:招待チケットプレゼント!(5組10名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「鉄道と美術の150年」のチケットをプレゼントいたします!(5組10名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「鉄道と美術の150年」 招待チケット応募フォーム

応募受付締め切り:10月20日!