【特典あり】「ムーミン コミックス展」がそごう美術館で開催!

2021年11月19日(金)より「ムーミン コミックス展」がそごう美術館で開催!

ユーモアたっぷりでコミカル。時には風刺のエッセンスも加えて世界中で愛されるムーミンコミックス。ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914-2001年)による初めてのマンガは1947年にスタートしました。

その後、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年から連載が始まり、弟のラルス・ヤンソン(1926-2000年)も担当して、20余年続いたことも、今日のムーミン人気につながっています。本展ではトーベのドローイング・習作など99点、ラルスの原画180点の貴重な作品を通じて、ムーミンたちの豊かな世界をお楽しみください。

トーベ・ヤンソン(左)とラルス・ヤンソン(右)

ユアムーン 編集部からの一言

トーベ・ヤンソンは1914年8月9日、フィンランド大公国のヘルシンキに生まれました。歩く前にすでに絵の才能が垣間見えたといわれており、父はトーベが芸術家になると思うと手紙に書き残しています。

1930年、15歳の時にストックホルム工芸専門学校に入学し広告やデザインを学び始めました。装飾絵画で最高成績を取得するなど、卓越した才能をこのころから見せ始めます。修了後は、フィンランド芸術協会美術学校に入学し、ここでも高い才能を見せました。

1938年、奨学金を得たトーベはパリの名門美術大学、エコール・デ・ボザールに入学します。しかし、そこはトーベにとっては息苦しく、スイス人のアドリアン・オリーが設立したアトリエに通うようになります。

戦後は、トーベの代表作ともいえるムーミンを書き始めます。このムーミン・コミックスの連載が高く評価され、多くのファンができました。40カ国の新聞に掲載され、最盛期の読者は2000万人に達したといわれています。のちに連載は弟のラルスに引き継がれ、約20年間連載されました。二人の兄弟が作り出した作品は、現在も世界中の人に愛されています。

「ムーミン コミックス展」 展覧会情報

会期 2021年11月19日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
会場 そごう美術館
特設サイト https://moomin-comics.jp
開館時間 10:00~20:00
※12月31日(金)は 18:00閉館。
※1月1日(土・祝)は 9:00〜19:00
※入館は閉館の30分前まで。
※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
休み 会期中無休
観覧料
大人 小・中学生 中学生以下
通常料金 1,200円 1,000円 無料
前売料金/下記カードをお持ちの方 1,000円 800円 無料

※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
※カード種類:ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカード

住所

「ムーミン コミックス展」 展示作品

「まいごの火星人」

トーベ・ヤンソン「まいごの火星人」キャラクター設定ドローイング(1957年)

10個のブタの貯金箱

ラルス・ヤンソン「10個のブタの貯金箱」原画 (1975年)

ムーミンたちの戦争と平和

ラルス・ヤンソン「ムーミンたちの戦争と平和」原画 (1974年)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

そごう美術館はそごう横浜店6階にある美術館です。

「横浜駅」東口から徒歩5分でアクセスすることが出来ます。

詳しいアクセス方法は「そごう美術館公式サイト ご案内からも確認してみてください!

特典:無料チケットプレゼント!(抽選5組10名)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「ムーミン コミックス展」の無料チケットを配布しています!(抽選5組10名)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「ムーミン コミックス展」 無料チケット応募フォーム

応募受付締め切り:11月30日!