【展覧会情報】「展覧会 岡本太郎」が大阪中之島美術館で開催!

2022年7月23日(土)より「展覧会 岡本太郎」が大阪中之島美術館で開催されます!

岡本作品のほぼすべてを所蔵する川崎市岡本太郎美術館と岡本太郎記念館が主催者として参画。

両館の全面協力のもと、主要な代表作・重要作が勢ぞろいするほか、国内各地の美術館からの出品作品を加え、岡本芸術の全容に迫ります。

いまなお人々を惹きつけ、世代を超えて共感をひろげる岡本太郎。

本展は、岡本芸術の特質と本質、さらにはその底流にある人間・岡本太郎を、展覧会場の空間体験をとおして一人ひとりが感知する体感型の展覧会です。

大阪、愛知では初めての回顧展実現の機会となるだけでなく、没後開催された回顧展のなかで最大規模といえるスケールの大回顧展となります。この機会にぜひご覧になってみてください!

「展覧会 岡本太郎」展覧会情報

会期 [大阪展]2022723日(土)~102日(日)  大阪中之島美術館
[東京展]20221018日(火)~1228日(水) 東京都美術館
[愛知展]2023114日(土)~314日(火)  愛知県美術館
会場 [大阪展]大阪中之島美術館
[東京展]東京都美術館
[愛知展]愛知県美術館
特設サイト http://taro2022.jp/
開室時間 【大阪会場】
開催時間:10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
観覧料 一般1,800円、高校・大学生1,400円 団体料金は200円引き、中学生以下は無料

事前購入(日時指定券)推奨
障害者(同伴者1名含む)、招待券、中学生以下は、日時指定なし

休館日 【大阪会場】
休館日:月曜日(
919日を除く)
住所

【大阪会場のお問い合わせに関して】
大阪市総合コールセンター 06-4301-7285 受付時間:8時から21時(年中無休)
東京会場、愛知会場の開館時間、休館日、観覧料金は未定です
東京展・愛知展についてのお問い合わせはこちら:050-5541-8600(ハローダイヤル)

「展覧会 岡本太郎」展示作品

岡本太郎 《燃える人》 1955年 東京国立近代美術館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
岡本太郎 《夜》 1947年 川崎市岡本太郎美術館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
岡本太郎 《雷人》 1995年(未完) 岡本太郎記念館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
岡本太郎 《傷ましき腕》 1936/49年 川崎市岡本太郎美術館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
岡本太郎 《光る彫刻》 1967年 川崎市岡本太郎美術館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団

まとめ

いかがでしたか?

気になる作品はありましたか?

大阪中之島美術館をはじめ、随時、東京・愛知を巡回する予定です。続報をお楽しみください!

詳しいアクセス方法は「公式サイトからも確認してみてください!


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!