【展覧会情報】「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」が東京都現代美術館で開催

井上泰幸 アルファ企画にて、1994年 撮影:斎藤純二

2022年3月19日(土)より「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」が東京都現代美術館で開催されます。

日本の映像史に重要な位置を占める「特撮(特殊撮影の略称)」領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督、井上泰幸の個展を開催します。

2022年に生誕100年を迎える井上泰幸(1922-2012)は、特撮のパイオニアである円谷英二(1901-1970)のもと、「ゴジラ」(1954)から特撮美術スタッフの一員としてそのキャリアを本格的にスタートしました。以降、デザイナー/特撮美術監督として、特撮映画のみならず日本映画・TV史において重要な作品を数多く手がけ、映像文化を支えた稀有な作り手です。本展では、井上の遺したスケッチ、デザイン画、絵コンテをはじめ、記録写真や資料、撮影で使用したミニチュアやプロップ、当時を再現したミニチュアセットなどの展示を通して、その功績と日本の特撮映像史を俯瞰し、次世代に向けて創造的なインスピレーションを喚起することを目指します。

展覧会リリースより引用

月面基地 イメージボード、「怪獣総進撃」(1968)より © TOHO CO., LTD.

バウハウスに学んだ山脇巌に師事し、東宝で円谷監督のクリエーションを実装するという劇的な人生を送り、東宝では渡辺明に続く二代目の特撮美術監督として、重要な役割を果たしています。また、東宝から独立後にアルファ企画を設立し、国際的にも高く評価された多くの作品群を支えました。本展は、ご遺族をはじめ特撮研究所、アニメ特撮アーカイブ機構の企画協力を得て、井上とゆかりある関連機関と連携し、庵野秀明(「シン・ゴジラ」)や樋口真嗣(「シン・ウルトラマン」)ら、現在最前線で活躍するクリエーターに多大な影響を与えた井上作品の魅力を探ります。

展覧会リリースより引用


ユアムーン 編集部より一言

Coming soon …

「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」 展覧会情報

会期 2022年3月19日(土)-6月19日(日)
会場 東京都現代美術館
展覧会公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/yasuyuki-inoue/
開館時間 10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(3月21日は開館)、3月22日
チケット
一般 大学生・専門学校生・65歳以上 中高校生 小学生以下
価格 1,700円 1,200円 600円 無料

※ 本展チケットで、「MOTコレクション」もご覧いただけます。
※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその付き添いの方(2名まで)は無料です。

住所

「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」 展示作品

福岡・岩田屋周辺ミニチュアセットのメイキング写真、「空の大怪獣ラドン」(1956)より
© TOHO CO., LTD.
福岡・岩田屋周辺ロケハンスケッチ、「空の大怪獣ラドン」(1956)より © TOHO CO., LTD.
怪獣・建造物設定対比図、「モスラ対ゴジラ」(1964)より © TOHO CO., LTD.
セット設計(部分)、「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(1967)より © TOHO CO., LTD.
ゴジラ対クモンガ イメージボード、「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(1967)より
© TOHO CO., LTD.
海岸のゴジラ イメージボード、「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(1967)より
© TOHO CO., LTD.

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

東京都現代美術館は東京都江東区にある美術館です。

「清澄白河駅」「木場駅」「菊川駅」が最寄り駅となっています。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページ アクセスからも確認してみてください!

特典:招待チケットプレゼント!(2組4名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で、「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」のチケットをプレゼントいたします!(2組4名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」招待チケット応募フォーム

応募受付締め切り:3月28日!