【Kara Walker | カラ・ウォーカー~絵画から彫刻まで~】




Kara Walker/カラ・ウォーカー

<プロフィール>

 カラ・ウォーカーはニューヨークを拠点に活動する現代アーティストである。彼女の作品は、シルエットを通して、人種、性別、セクシャリティ、暴力を率直に表現されている。

 彼女は1969年、アメリカのカリフォルニア州で生まれる。父親はラリーウォーカーという画家で、その影響で自然とアーティストを目指すようになった。

https://taguchiartcollection.jp/artists/kara-walker/

 1991年、アトランタカレッジオブアートにてBFAを取得、その後、1994年に、ロードアイランドスクールオブデザインにてMFAを取得した。彼女には数多くの受賞歴あり、特筆すべきものは、1997年にはジョンD.とキャサリンT.​​マッカーサー財団の功績賞、2008年には米国のアーティスト、アイリーンハリスノートンフェローシップの受賞である。

URL:https://www.tate.org.uk/art/artists/kara-walker-2674

 彼女は、若い頃より名声があり、1997年に、最年少でマッカーサー奨学金を受けた一人となった。2007年にはタイムマガジンにて、「世界で最も影響力のある100人、アーティスト、エンターテイナー」に選ばれており、展示会も開催し始めた。直近では、2019年はテートモダンにて個展を開いた。

<作品>

https://artsandculture.google.com/asset/kara-walker-darkytown-rebellion-2001-kara-walker/3AGP-gbWUkKt8Q?ms=%7B%22x%22%3A0.5%2C%22y%22%3A0.5%2C%22B%22%3A9.996754340496345%2C%22z%22%3A9.996754340496345%2C%22size%22%3A%7B%22width%22%3A1.7791847351082435%2C%22height%22%3A1.2500000000000007%7D%7D

 彼女の作品で最も注目するべき点は、それぞれのシルエットがどの程度隠されているかである。例えば、Darkytown Rebellionという下記の作品では、内側の細かい描写がないと、それを見る者は、性別や左右の足のどちらが切断されているか等の情報を見落とす。しかし、同時に、女性の殺人用具の下にある黒い水たまりの中に何があるかを正確に読み取ることもできる。

http://www.karawalkerstudio.com/5583240ee4b0fe87a727ac18

 また、この作品では、見る者に対して魅力的な印象を与えるだけでなく、アフリカ系アメリカ人の歴史を視覚的に反映している。奴隷船の版画、国家の誕生、叔母のジェミマのロゴなど、アフリカ系アメリカ人に対して大衆が持つステレオタイプはどのようなものかを視覚的に伝えようとしている。

http://www.karawalkerstudio.com/2014
http://www.karawalkerstudio.com/2014
http://www.karawalkerstudio.com/2014

 彼女の作品は、絵画から始まり、版画、インスタレーション、映像など、様々なメディアで作品を作り出している。。この2014年に制作されたウォーカーの最初の大規模な公共プロジェクト、インスタレーションである「A Subtlety」はブルックリンにある今は廃棄されたドミノシュガーの製油所にて展示された。Creative Timeにより委託されたこのプロジェクト、砂糖で覆われた巨大なスフィンクスのような彫刻は、砂糖問題とその歴史を反映し、ニューヨークに住むアート好きな人々を多く引き寄せた。

 

<参考文献>

TOP画像:https://news.artnet.com/app/news-upload/2014/12/kara-walker_bio2.jpg

http://www.karawalkerstudio.com/biography

https://en.wikipedia.org/wiki/Kara_Walker

https://art21.org/artist/kara-walker/

https://artsandculture.google.com/entity/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/m04zfgb?hl=ja