【Jean Miotte | ジャン・ミオット~インフォーマニズムと抽象画~】




Jean Miotte/ジャン・ミオット

わたしの絵画は、内なる葛藤から生まれる精神的緊張の中で、創造が起こる激しい瞬間の一つの連続、一つの投影である。絵画とは、心あるいは精神に思いを巡らすことではなく、内から起こる仕草、一つの意思の表示である。(My painting is a projection, a succession of acute moments where creation occurs in the midst of spiritual tension as the result of inner conflicts. Painting is not a speculation of the mind or spirit, it’s a gesture from within.)”

Jean Miotte

<概要>

 ジャン・ミオットは情緒的抽象画を描くアーティストとして知られている。彼は、1926年、フランスのパリに生まれる。はじめは、数学を学んでいたが、1945年に絵を学び始め、その後、モンパルナスのオシップ・ザッキンとオトン・フリエスのスタジオで絵画をさらに学んだ。1953年、サロンデレアリテスヌーヴェルにて自身初の展示会を行い、それ以降、毎年そこで展示会を行うにいたる。

<作品>

 ジャン・ミオットの作品は、ジャズ音楽や舞台芸術に影響を与えており、特にバレエに大きな影響を与えた。こうした様々な芸術分野との関わりは彼のインスピレーションとなった。その中で、彼は仕草を絵画で表すことを実験し、情緒的動きの表現に磨きをかけていった。

http://www.jeanmiotte.com/MS_25.html

 彼は初めての展示会以降、インフォーマルアートおよび情緒的抽象絵画を代表するアーティストと評価されるようになった。そのような彼の画家としてのスタイルは構成された、つまりフォーマルな練習方法の中で、自由に流れるように動くバレーダンサーやジャズミュージシャンと比較された。

https://www.artsper.com/en/contemporary-artworks/print/579324/elegie

 1961年、ニューヨークに渡った彼は、マークロスコとロバートマザーウェルに出会う。その中で、彼の作品対して影響があったことはいうまでもなく、特に、攻撃を象徴する仕草に関しての影響を強く受けた。

https://www.artsper.com/en/contemporary-artworks/drawing/174274/composition-1

 彼は制作するうえで、アクリル、ガッシュ、インク、エッチング、リソグラフィー、コラージュなど様々なマテリアルで実験を行う。批評家はそのような彼を成長を続け、繰り返しと戦い、自分自身を問いかける姿勢は、インフォーマ二ズムの画家の中でもユニークであると述べている。

https://www.artsper.com/en/contemporary-artworks/print/250861/le-jeu-du-reve

 彼がこの仕草を示す絵画を描くようになった背景には、ジョルジュ・ルオーとアンリ・マティスがある。「生活のエネルギーの中にある神聖な要素」を引き出す色とその重要性に着目し、その過程の中で、より仕草的な絵画へと進化していった。彼は、抽象画、動き、仕草により定義される普遍的言語を作ることを求め続け、最終的に、文化的障壁を打破し、統一のかたちを作ることに成功したのである。

 

<参考文献>

TOP画像:https://dianedepolignac.com/wp-content/uploads/2019/05/Miotte_Exhibition_1_768x474.jpg

https://paulparis.exblog.jp/8311597/

http://www.artnet.com/artists/jean-miotte/

https://en.wikipedia.org/wiki/Informalism

https://www.artsper.com/en/contemporary-artists/france/5104/jean-miotte