【特典付】「鈴木康広展 ただ今、発見しています。」が二子玉川ライズ スタジオ & ホールで開催!

鈴木康広《りんごの天体観測》 2006年、2021年 photo: Jeni Katzner
鈴木康広《りんごの天体観測》 2006年、2021年 photo: Jeni Katzner

2024年7月20日(土)より「鈴木康広展 ただ今、発見しています。」が二子玉川ライズ スタジオ & ホールで開催されます!

身の周りに存在する何気ないものごとに注目し、小さな気付きを独自の視点で捉えなおし作品を制作するアーティスト・鈴木康広(1979年~)。そのユーモラスな作品は、置かれるロケーションの変化、あるいは鑑賞者の視点や発見がスパイスとなって、その時々で新たな表情を見せてくれます。

本展では、代表作である《まばたきの葉》や《空気の人》をはじめ鈴木康広の繊細な視点と斬新な発想にもとづく「見立て」(=あるものを見て他の何かを連想し、新たな視点で捉えなおすこと)から生まれた作品約50点を展示します。

同じ作品と向き合っても、気付きや発見は人それぞれ。鈴木康広の「発見」から生まれた作品と、それを観て新たな「発見」をする鑑賞者、そしてその様子を見て別の視点からの「発見」をする隣の鑑賞者、と、「発見」の連鎖となって繋がっていったらどんなに楽しいことでしょう!

そうした「発見」の手がかりとして、鑑賞するだけでなく体験することで作品により親しみを感じられる仕組みや、小さなワークショップコーナーも。夏休みの工作や自由研究のヒントにも出会えるかもしれません。

Bunkamura ザ・ミュージアムが、文化と自然にあふれるヒラメキの場所・二子玉川の地にて開催する本展。現在進行形で生まれ続ける「発見」をお楽しみください。

鈴木康広
鈴木康広ポートレート photo: Timothée Lambrecq
鈴木康広ポートレート photo: Timothée Lambrecq

2001年東京造形大学デザイン学科卒。2014年に水戸芸術館で個展を開催。現在、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。NHK Eテレ「みたてるふぉーぜ」(2023年~)総合指導。

⬇︎その他の展示会はこちらからご覧いただけます!⬇︎

展覧会情報

会期 2024年7月20日(土)~ 2024年9月1日(日)
開館時間 10:00~19:00
7/22(月)〜7/25(木) 12:00〜19:00
毎週土曜日 10:00〜20:00
*最終入場は各閉場の30分前まで
休館日 なし
会場 二子玉川ライズ スタジオ & ホール
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/24_suzuki/
観覧料
入場料(消費税込) 当日 前売
一般 ¥1,000 ¥800
大学・高校・中学生 ¥700
 小学生 ¥500

*大学・高校・中学生、小学生は当日券のみの取扱い。(前売券の販売はございません)
*学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
*障がい者手帳のご提示で、ご本人様とお付き添いの方1名様は半額となります。(一般500円、大学・高校・中学生350円、小学生250円)当日窓口にてご購入ください。
*小学生以下のお客様は保護者(大人)の同伴が必要です。
*未就学児は入場無料。

住所
アクセス 東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」直結
詳細は「二子玉川ライズ アクセス」から

展示内容

《空気の人》

鈴木康広《 空気の人》 2007年、2009年「空気の港-テクノロジー×空気で感じる 新しい世界」 羽田空港 第2ターミナルにて
鈴木康広《空気の人》 2007年、2009年
「空気の港-テクノロジー×空気で感じる新しい世界」 羽田空港 第2ターミナルにて

おなかから空気を吸い込み続けている、大きな《空気の人》。その体いっぱいにみなぎる空気は、そこに居合わせた人々が呼吸する空気でもあり、常に循環し続けています。さっき自分の体を巡った空気がやがて《空気の人》の体の中に。沢山の人が集まることで一つの作品を形成していくプロセスに、その場のみんなで立ち会い、感覚を共有することができます。

《りんごの天体観測》

鈴木康広《 りんごの天体観測》 2006年、2021年photo: Jeni Katzner
鈴木康広《りんごの天体観測》 2006年、2021年
photo: Jeni Katzner

りんごの表面にある斑点をじっと見つめていると、満天の星空のようにも見えてきます。この見立てから生まれたこの作品は、中空のりんご模型に穴を開け、内部に灯りをともすと、かぶせたアクリルドームに光が星のように浮かび上がります。小さなプラネタリウムを外側から眺めているような、不思議な感覚に。

《まばたきの葉》

鈴木康広《まばたきの葉》 2003年courtesy: ワコールアートセンター photo: 市川勝弘
鈴木康広《まばたきの葉》 2003年
courtesy: ワコールアートセンター photo: 市川勝弘

白い筒の先から吹き出しているのは、葉のかたちの白い紙。裏表にはそれぞれ、開いた目と閉じた目がプリントされています。クルクルと舞い落ちる様は、まるで「まばたき」のよう。円筒の差し込み口から葉を入れると、内部で撒き上げられ落ちてくる、このサイクルを来館者も体験することができ、その時々で少しずつ違った流れを生み出します。

《地球展開儀》

鈴木康広 《地球展開儀》 2011年 photo courtesy: The Japan Foundation 鈴木康広 《地球展開儀》 (部分) 2011年
鈴木康広 《地球展開儀》 2011年 photo courtesy: The Japan Foundation 鈴木康広 《地球展開儀》 (部分) 2011年

この作品は、地球を「ひらく」イメージを地球儀にした作品です。ずっと見ていると、ファスナーが海を切り開く船に見えてきませんか。ぐるりと地球をめぐりながら、現在進行形で航行を続けるこの船は、何を切り開くのか?来たる未来の幕開けか、いや、地層に覆われた古の世界を垣間見ているのか…空想は尽きません。代表作《ファスナーの船》から展開された作品のひとつ。

《足元の展望台》

鈴木康広《足元の展望台》 2014年photo: Seiji Toyonaga
鈴木康広《足元の展望台》 2014年
photo: Seiji Toyonaga

この大きな足の台に上がれば、子どもは少し背伸びした大人の視点に、大人は自分の足元が今よりもっと近くに見えた幼少期の感覚がよみがえります。たった一段上がるだけで、見慣れた場所の風景も違って見えてきます。まるで自分の足で地表を踏みしめているような気持ちになる、ひとあじ違う展望台です。

特典:招待券プレゼント!(抽選5組10名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方限定で「鈴木康広展 ただ今、発見しています。」の招待券をプレゼントしています!(抽選5組10名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「鈴木康広展 ただ今、発見しています。」 招待券応募フォーム

応募受付締め切り:7月23日!



Euphoric “UNIART” – 学生アートを世の中に –

学生アート販売プラットフォームを始めます。
在学・既卒問わず、学生時代のあなたのアート作品をEuphoric “UNIART”で販売してみませんか?アート作品の事前登録受付中です!
詳しくは下記のリンクからご一読ください。


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!


「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!