【展覧会情報】「東北へのまなざし 1930-1945」が東京ステーションギャラリーで開催!

ブルーノ・タウト(デザイン)、左:《卵殻螺鈿丸形パウダーケース》、右:《卵殻螺鈿角形シガレットケース》いずれも1934年、群馬県立歴史博物館

2022年7月23日(土)より「東北へのまなざし 1930-1945」が東京ステーションギャラリーで開催されます!

タウト、柳宗悦、ぺリアン、今和次郎らは何を見ようとしたのか ―――

1930年代から1945年にかけ、先端的な意識をもった人々が相次いで東北地方を訪れ、この地の生活や文化に注目しました。仙台で工芸指導をおこなった建築家のブルーノ・タウト、東北を「民藝の宝庫」と呼んだ柳宗悦、山形の自然素材を調査したシャルロット・ペリアンらがその一例です。

また、青森で「考現学」を実践した今和次郎と今純三や、農村漁村の情景を記録した福島の画家・吉井忠といった東北出身者たちも、故郷の人々と暮らしを見つめ直し戦中期の貴重な記録を残しています。こうした東北に向けられた複層的な「眼」を通して、ここに今も息づく営みの力を改めて検証します。


ユアムーン 編集部より一言

Coming soon …

「東北へのまなざし 1930-1945」 展覧会情報

会期
会場  東京ステーションギャラリー
展覧会公式サイト https://www.ejrcf.or.jp/gallery/
開館時間 10:00〜18:00(金曜日~20:00)*入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日 *ただし8月15日、9月19日は開館
チケット
一般 大学生・高校生 中学生以下
価格 1,400円 1,200円 無料

*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
*最新情報・チケット購入方法は美術館ウェブサイトでご確認ください
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります

住所

「東北へのまなざし 1930-1945」 展示作品

ブルーノ・タウト(原型指導)《椅子(規範原型 タイプC)》1933年原型指導、仙台市立博物館
勝平得之《秋田風俗人形》昭和初期、秋田市立赤れんが郷土館
芹沢銈介《日本民藝地図(現在之日本民藝)》部分、1941年、日本民藝館
今和次郎《積雪地方農村経済調査所 雪国試験農家家屋 透視図》1937年、工学院大学図書館
今純三《今和次郎宛考現学調査ハガキ 自宅アトリエノ窓外風景》1931年、工学院大学図書館
ブルーノ・タウト(デザイン)、左:《卵殻螺鈿丸形パウダーケース》、右:《卵殻螺鈿角形シガレットケース》いずれも1934年、群馬県立歴史博物館
《こけし(木地山系)》1925-41年頃、原郷のこけし群 西田記念館

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

東京ステーションギャラリーは東京駅にある美術館です。

東京駅丸の内北口側に位置しており、駅構内から直接アクセスすることができます。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページ アクセスからも確認してみてください!

特典:招待チケットプレゼント!(5組10名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で、「東北へのまなざし 1930-1945」のチケットをプレゼントいたします!(5組10名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「東北へのまなざし 1930-1945」招待チケット応募フォーム

応募受付締め切り:8月1日!