【展覧会】「デイヴィッド・ホックニー展」が東京都現代美術館で開催!

デイヴィッド・ホックニー ノルマンディーにて 2021年4月1日 © David Hockney Photo: Jean-Pierre Gonçalves de Lima

2023年7月15日(土)より「デイヴィッド・ホックニー展」が東京都現代美術館で日本で27年ぶりの大規模開催! 初期の代表作から近年の新作まで圧巻のスケール

本展は現代で最も革新的な画家のひとりデイヴィッド・ホックニー(1937- )の日本では27年ぶりとなる大規模な個展です。イギリスで生まれたホックニーは60年以上にわたり、絵画、ドローイング、版画、写真、舞台芸術といった分野で多彩な作品を発表し、近年はiPadを用いて身近な主題を描き続けています。本展は1960年代にアメリカの西海岸で描いた初期の代表作から、近年の集大成というべき故郷ヨークシャー東部の自然を描いた大型絵画のシリーズ、新型コロナウイルスによるロックダウン中にフランス北部のノルマンディーで描いた全長90メートルにも及ぶ新作まで、ホックニーの作品を100点以上紹介する、日本におけるこれまでで最も充実した展覧会となります。


デイヴィッド・ホックニーについて詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

【基礎から解説】デイヴィッド・ホックニーの作品集と展示会!

「デイヴィッド・ホックニー展」展覧会情報

会期 2023年7月15日(土)~11月5日(日)
会場 東京都現代美術館 企画展示室 1F/3F
展覧会公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/hockney/index.html
開館時間 10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料 未定
住所

「デイヴィッド・ホックニー展」展示作品・構成

デイヴィッド・ホックニー《スプリンクラー》
1967年 東京都現代美術館 © David Hockney
デイヴィッド・ホックニー《クラーク夫妻とパーシー》
1970-71年 テート © David Hockney Photo: Richard Schmidt
デイヴィッド・ホックニー《ノルマンディーの12か月 2020-2021年》(部分)
2020-21年 作家蔵 © David Hockney
デイヴィッド・ホックニー《ノルマンディーの12か月 2020-2021年》(部分)
2020-21年 作家蔵 © David Hockney
デイヴィッド・ホックニー《春の到来 イースト・ヨークシャー、ウォルドゲート 2011年》
2011年 ポンピドゥー・センター © David Hockney Photo: Richard Schmidt

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

東京都現代美術館は東京都江東区にある美術館です。

「清澄白河駅」「木場駅」「菊川駅」が最寄り駅となっています。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページ アクセスからも確認してみてください!


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!


「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!

TRANSLATE »