【特典あり】「GENKYO 横尾忠則」展が東京都現代美術館で開催されます!

2021年7月17日(土)より「GENKYO 横尾忠則〔原郷から幻境へ、そして現況は?〕」が東京都現代美術館で開催されます。

日本を代表する画家、横尾忠則氏の過去最大規模の個展が東京都現代美術館で開催されます。

1960年代からデザイナー、画家として第一線で活躍を続ける巨匠・横尾忠則氏の60年以上にわたるキャリアを一挙に紹介します。愛知県美術館で開催された大規模個展をさらに上回る規模で開催を予定しており、展示の構成は横尾氏自身が監修しています。直近1年で描かれた最新の作品を含め、500 点以上の作品が出品されます。

「原郷」「幻境」「現況」をテーマに描かれた数多くの作品を、横尾のダイナミックな展開で体感することが出来ます!また、今回の展覧会では、横尾自身の作品や写真を使いマスクをコラージュしたインスタレーション、「WITH CORONA」が展示されます。このコーナーのみ写真撮影が可能ですので、友人などと写真を撮るのもアリですね(笑)。


横尾忠則近影(角南範子撮影、2020年)
Portrait of Tadanori Yokoo Photo: Noriko Sunami, 2020

横尾 忠則ってどんな人?
60年以上にわたり活躍し続ける巨匠

横尾忠則は1936年6月27日、兵庫県 西脇市に生まれました。2~3歳の頃には既に絵本を模写しており、高い才能を表していました。中学生の頃には漫画を描き始め、『漫画少年』誌に投稿していました。戦時中、西脇は空襲を免れたものの母とともに大阪を訪れた際、その焼け跡に衝撃を受けたと言います。

1972年、ニューヨーク近代美術館で個展を開催します。この頃から精神世界に傾倒し始め、たびたびインドを訪れるようになります。インドを訪れるきっかけとなったのは、吉田画廊の個展にて三島由紀夫と出会ったことがきっかけでした。ともに仕事をすることもあったようです。インド行を進められたのは、三島が割腹自決をしたことで知られる「三島事件」の三日前のことでした。

横尾は、初期の頃はデザイナーとして働いていましたが、1982年の「画家宣言」以降は画家としての活動に注力していきます。画家への転向のきっかけとなったのが、ニューヨーク旅行時にニューヨーク近代美術館での「ピカソ展」でした。

▼横尾 忠則についてはこちらでも詳しく解説しています!▼

https://euphoric-arts.com/art-2/yokoo-tadanori/


「GENKYO 横尾忠則〔原郷から幻境へ、そして現況は?〕」展覧会情報

会期  2021 年 7 月 17 日(土)~10 月 17 日(日)
会場 東京都現代美術館 企画展室 1F/3F
特設サイト https://genkyo-tadanoriyokoo.exhibit.jp/
開館時間 10:00〜18:00(展示室入場は閉館の 30 分前まで)
休館日 月曜日(8/9、9/20 は開館)、8/10、9/21
観覧料 一般:2,000 円
大学生・専門学校生・65 歳以上:1,300 円
中高生:800 円
小学生以下:無料
住所

「GENKYO 横尾忠則〔原郷から幻境へ、そして現況は?〕」展示作品

横尾忠則《Wの惑星》2005年 作家蔵
Tadanori Yokoo, The Planet W, 2005 Collection of the Artist
横尾忠則《トイレットペーパーと女》2017年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Woman with Toilet Paper, 2017  Collection of the Artist (Deposited in Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art)
横尾忠則《運命》1997年 東京都現代美術館
Tadanori Yokoo, Destiny, 1997 Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo
横尾忠則《誰か故郷を想わざる》2001年 公益財団法人アルカンシエール美術財団/原美術館コレクション
Tadanori Yokoo, Who Shall Forget about Homeland?, 2001 Collection of Foundation Arc-en-Ciel/Hara Museum Collection
横尾忠則《実験報告》1996年 東京都現代美術館
Tadanori Yokoo, Experimental Report, 1996 Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo
横尾忠則《放たれた霊感》1991年 作家蔵(東京都現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Shot Inspiration, 1991 Collection of the Artist (Deposited in Museum of Contemporary Art Tokyo)
横尾忠則《薔薇の蕾と薔薇の関係》1988年 馬の博物館
Tadanori Yokoo, Relation between Rose and Rose-Bud, 1988, Collection of Equine Museum of Japan
横尾忠則《暗夜光路 赤い闇から》2001年 東京都現代美術館
Tadanori Yokoo, A Dark Night’s Flashing: From the Red Darkness, 2001 Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo
横尾忠則《高い買物》2020年 作家蔵
Tadanori Yokoo, Expensive Purchase, 2020  Collection of the Artist
横尾忠則《寒山拾得 2020》2019年 作家蔵
Tadanori Yokoo, Hanshan and Shide 2020, 2019 Collection of the Artist
横尾忠則《T+Y自画像》2018年 個人蔵
Tadanori Yokoo, T+Y Self-portrait, 2018 Private Collection
横尾忠則《追憶あれこれ》2019年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Various Recollections, 2019 Collection of the Artist (Deposited in Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art)
横尾忠則《原郷》2019年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Homeland, 2019 Collection of the Artist (Deposited in Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art)
横尾忠則《愛のアラベスク》2012年 作家蔵
Tadanori Yokoo, Love Arabesque, 2012 Collection of the Artist
横尾忠則《城崎幻想》2006年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Kinosaki Fantasy, 2006 Collection of the Artist (Deposited in Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

東京都現代美術館は東京都江東区にある美術館です。

「清澄白河駅」「木場駅」「菊川駅」が最寄り駅となっています。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページ アクセスからも確認してみてください!

特典:無料チケットプレゼント!(抽選3組6名)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「GENKYO 横尾忠則〔原郷から幻境へ、そして現況は?〕」のチケットをプレゼントいたします!(抽選3組6名)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「GENKYO 横尾忠則〔原郷から幻境へ、そして現況は?〕」 無料チケット応募フォーム

応募受付締め切り:7月31日!