【イベント情報】パビリオン・トウキョウ2021が東京都内各所で開催中!

木陰雲 設計:石上純也 撮影:後藤秀二

2021年7月1日(木)よりパビリオン・トウキョウ2021が開催。ワタリウム美術館で展覧会も行っています!

「パビリオン・トウキョウ2021」とは、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」の一つとして開催されるイベントです。新国立競技場周辺を中心とする複数の場所に日本を代表するアーティスト、建築家が建物やオブジェを設置し、新たなランドスケープを提案します。

再開発に再開発を重ねてきた、まるで生きているかのような東京。そんな都市の新しい物語を体感してみてはいかがでしょうか。

また、ワタリウム美術館では参加クリエイターのうち7人によるパビリオン制作時のプロセス、スケッチや図面、模型、実際に使用された素材など、制作の裏側を見ることができます。是非、そちらも訪れてみてはいかがでしょうか!?

パビリオン・トウキョウ2021」情報

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 ・新国立競技場周辺エリアを中心に東京都内各所
ビクタースタジオ前/明治神宮外苑 いちょう並木入口/国際連合大学前/旧こどもの城前/渋谷区役所 第二美竹分庁舎/代々木公園 パノラマ広場付近/kudan house庭園/
浜離宮恩賜庭園 延遼館跡/高輪ゲートウェイ駅 改札内
・ワタリウム美術館にて関連イベント「パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館」開催中(~9月5日(日))
特設サイト https://paviliontokyo.jp/

「パビリオン・トウキョウ2021」展示作品

藤森照信 茶室「五庵」

茶室「五庵」 設計:藤森照信 撮影:ToLoLo studio

私は高いのが好きなんです。茶室自体が周りからよく見え、そこからさらに競技場を見る。お茶室っていうのは別世界性が必要なんですよ。地上にあるより、やっぱり高さが必要で、高いところに登って、狭くて暗いにじり口から上がっていくと、景色が違って見える。この効果は茶室ならではのものです。(藤森照信)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 ビクタースタジオ前:東京都渋谷区神宮前2-21-1
鑑賞時間 11:00〜19:00(土曜日12:00〜19:00)
アクセス ・JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩10分
・都営大江戸線「国立競技場前駅」A4出口より徒歩9分
・東京メトロ副都心線「北参道駅」2出口より徒歩10分
・都営バス「霧ヶ丘」より 徒歩0分

*内部入場には事前予約が必要です。詳細はこちら

妹島和世 水明

水明 設計:妹島和世 撮影 : 妹島和世建築設計事務所

浜離宮は水とともにある庭園と言えると思います。その風景に現代を表すような水を足してみたいと考えました。曲水は、遠くから見ると留まっているように見えます。でも、近づいて見ると静かに流れていることに気づきます。このゆっくりとした水は、過去、現在、未来のつながりを表しています。(妹島和世)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 浜離宮恩賜庭園 延遼館跡:東京都中央区浜離宮庭園 浜離宮恩賜庭園 〈大手門口〉より

*見学には、浜離宮恩賜庭園への入園料が必要です。(一般: 300円/65歳以上:150円)

鑑賞時間 9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
アクセス ・都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」「汐留駅」より徒歩7分
・ゆりかもめ「汐留駅」より 徒歩7分
・JR線・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋駅」より 徒歩12分

藤本壮介 Cloud pavilion(雲のパビリオン)

Cloud pavilion(雲のパビリオン)設計:藤本壮介 撮影:木奥恵三

外観があるが壁はなく、しかし内部空間は存在する。しかもその空間は三次元的に非常に複雑でダイナミック。建築では絶対に実現できない、しかし建築的な何かがあるように感じさせる存在が雲なのです。(藤本壮介)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 第一会場:代々木公園 パノラマ広場付近
東京都渋谷区代々木神園町、神南二丁目 代々木公園 〈原宿門〉より
第二会場:高輪ゲートウェイ駅 改札内
東京都港区港南2-1-220
鑑賞時間 第一会場:10:00〜18:00
第二会場:初電から終電まで
アクセス 第一会場
・JR山手線「原宿駅」表参道改札(西口・東口)より徒歩3分
・東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」1,2,3出口より徒歩3分
第二会場
・JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ駅」 改札内

平田晃久 Global Bowl

Global Bowl 設計:平田晃久 撮影:ToLoLo studio

最近、僕たちが設計するような建築は、無味乾燥の現実にプスッと突き刺さる「異次元」にならなければならないとも考えたりしますね。(平田晃久)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 国際連合大学前:東京都渋谷区神宮前5-53-70
鑑賞時間 10:00〜18:00
アクセス ・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B2出口より徒歩5分
・JR山手線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩10分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」 B3出口より徒歩10分
・都営バス「青山学院前」より徒歩0分

石上純也 木陰雲

木陰雲 設計:石上純也 撮影:後藤秀二

歴史ある風景に溶け込むように、新しいけれど、もともとそこにあったような建築がつくれないかと考えました。(石上純也)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 kudan house 庭園:東京都千代田区九段北1-15-9
鑑賞時間 10:00〜18:00

※休館日:7/5、7/12、7/13、7/14、7/19、7/22〜27、8/2、8/10、8/16、8/23、8/30

アクセス ・東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線「九段下駅」1出口より 徒歩5分
・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線「飯田橋駅」A5出口より徒歩9分
・JR中央・総武線「飯田橋駅」西口より徒歩7分

藤原徹平 ストリート ガーデン シアター

ストリート ガーデン シアター 設計:藤原徹平 撮影:ToLoLo studio

植木は、東京という都市の最小スケールの秩序と言ってもよいかもしれません。このパビリオンを通じて、東京の植物と道にまつわる物語を提示しようと思います。(藤原徹平)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 旧こどもの城前:東京都渋谷区神宮前5-53-1
鑑賞時間 10:00〜18:00
アクセス ・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B2出口より徒歩5分
・JR山手線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩10分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」 B3出口より徒歩10分
・都営バス「青山学院前」より徒歩0分

会田誠 東京城

東京城 作:会田誠 © AIDA Makoto 撮影:ToLoLo studio

強調したいのは恒久性とは真逆の仮設性、頼りなさ、ヘナチョコさ──しかしそれに頑張って耐えている健気な姿である。どうなるか、やってみなければわからない。一か八か作ってみる。それを現在の日本──東京に捧げたい。(会田誠)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 明治神宮外苑いちょう並木入口:東京都港区北青山2丁目1番地先
鑑賞時間 10:00〜18:00
アクセス ・東京メトロ銀座線・半蔵門線「青山一丁目駅」1出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分
・ちぃばす「青山二丁目交差点」より徒歩0分

草間彌生 オブリタレーションルーム

オブリタレーションルーム 作: 草間彌生 ©YAYOI KUSAMA Yayoi Kusama / The obliteration room 2002–present Collaboration between Yayoi Kusama and Queensland Art Gallery. Commissioned Queensland Art Gallery. Gift of the artist through the Queensland Art Gallery Foundation 2012 Collection: Queensland Art Gallery, Australia 協力:オオタファインアーツ 撮影:木奥恵三

「たとえば、身体じゅうに水玉をつける。それから、バックもすべて水玉模様にしてしまう。それがセルフ・オブリタレーション(自己消滅)。あるいは、馬に水玉をいっぱいつけて、バックも水玉にすると、馬のフォルムが消えて水玉と同化してしまう。馬の塊が永遠なものに同化していく。そうすると、私自身もオブリタレイトする。」(草間彌生『無限の網-草間彌生自伝』)、2002年

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 渋谷区役所 第二美竹分庁舎:東京都渋谷区渋谷1-18-21
鑑賞時間 10:00〜18:00
アクセス ・東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線「九段下駅」1出口より 徒歩5分
・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線「飯田橋駅」A5出口より徒歩9分
・JR中央・総武線「飯田橋駅」西口より徒歩7分

真鍋大度 + Rhizomatiks ”2020-2021”

“2020-2021” 作:真鍋大度 + Rhizomatiks  撮影:木奥恵三

「この作品では、もうひとつの東京2020を展示します。2020年春の最初の緊急事態宣言から現在までに収集した様々なデータを使用して、AIが生成する狂喜乱舞する東京の姿。本来使用されるはずだったデータや中止になったイベントに関する情報などの特徴を抽出し抽象化して文字や映像に変換し続けます。それらはディスプレイに光となって表示されますが、人々が目にすることができるのはそれらの幻影です。」(真鍋大度+Rhizomatiks)

公式サイトより引用

会期 2021年7月1日(木)— 9月5日(日)
会場 ワタリウム美術館 向かい側の空地:東京都渋谷区神宮前3-41-5
鑑賞時間 11:00〜19:00
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」3出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」A2出口より徒歩9分
・都営バス「北青山三丁目」より 徒歩3分
・渋谷ハチ公バス「神宮前三丁目」より徒歩2分

パビリオン・トウキョウ2021展 at ワタリウム美術館

展示風景 撮影:後藤秀二

ワタリウム美術館では7人のクリエイターによるパビリオン制作時のプロセス、スケッチや図面、模型、実際に使用された素材など、制作の裏側を見ることができます。

会期 2021年6月19日(土)— 9月5日(日)
会場 ワタリウム美術館
時間 11:00-19:00・・・休館日:月曜日(8/9は開館)
料金 1000円
参加クリエイター 藤森照信/妹島和世/藤本壮介/平田晃久/石上純也/藤原徹平/会田誠

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

作品は新国立競技場周辺エリアを中心に配置されていますが、少し離れた場所にあるものもあり、一日で回りきることは難しそうです。展示期間は2カ月近くありますので、是非じっくりと展示作品を回ってみてください!

詳しいアクセス方法は「公式ホームページからも確認してみてください!