【展示会情報】シダネルとマルタン展 がSOMPO美術館で開催

©Galerie Alexis Pentcheff

2022年03月26日(土)より「シダネルとマルタン展 」がSOMPO美術館で開催されます!

19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、アンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)に焦点をあてた、国内初の展覧会です。印象派を継承しながら、新印象主義、象徴主義など同時代の表現技法を吸収して独自の画風を確立した二人は、幻想的な主題、牧歌的な風景、身近な人々やその生活の情景を、親密な情感を込めて描きました。

「最後の印象派」と言われる世代の中心的存在であった二人は、1900年に新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)を設立、円熟期には共にフランス学士院会員に選出されるなど、当時のパリ画壇の中核にいました。

二人は深い友情で結ばれ同じ芸術観を共有しながらも、それぞれの活動拠点に由来して、異なる光の表現を追求します。シダネルは北フランスに特有の霞がかった柔らかな光を、マルタンは南仏の眩い光を描き出しました。

本展では、世紀末からモダニスムへ至るベル・エポック期に、独自の絵画世界を展開した二人の道のりを、約70点の油彩・素描・版画を通して辿ります。


Euphoric ” ” 編集部からの一言

– 担当者が実際に行ってきました! –

19世紀末のフランスを代表する画家であり、印象派を継承した『最後の印象派』として知られるアンリ・ル・シダネル(1862-1939)と、アンリ・マルタン(1860-1943)にフォーカスした国内初の展覧会です。
両者が手がけた身近な風景・肖像画を中心に、全9章の構成で約70点の油彩・素描・版画が展示されています。
活躍した時代や、共にフランス学士院会に所属していたことから合わせて語られることの多いシダネルとマルタン。その両者の作品を見比べる事ができるだけでも貴重な展覧会ですが、二人が生活した風土や歴史についての解説も充実していて、西洋美術に興味のある方はもちろん、初めて鑑賞する人にも優しい展示になっています。

「シダネルとマルタン展 」展覧会情報

会期 2022.03.26(土)- 06.26(日)
会場 SOMPO美術館
展覧会公式サイト https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2021/sidaner-martin/
開館時間 10:00 – 18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日
※/展示替期間/年末年始
※ 祝日・振替休日の場合は開館
チケット
一般 大学生 小中高校生 障がい者手帳をお持ちの方
当日券 1,600円 1,100円 無料 無料
事前購入券 1,500円 1,000円 無料 無料
  • 大学生には大学院生ならびに専門学校生を含みます。入場時に学生証をご提示ください。(ご提示がない場合は一般料金を適用し、差額をお支払いいただきます)。
  • 中高生は入場時に学生証をご提示ください。
  • 障がい者手帳の対象は、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳の4種です。被爆者健康手帳はご本人のみ、他3種は介助者1名まで無料です。入場時に手帳をご提示ください。
  • 本展では団体券の販売はございません。
住所

「シダネルとマルタン展 」展示作品

1, アンリ・ル・シダネル 《エタプル、砂地の上》 1888年 油彩/カンヴァス 46×60.5cm フランス、個人蔵 ©Bonhams
2, アンリ・マルタン 《腰掛ける少女》 1904年以前 油彩/カンヴァス 96.4×56.5cm ランス美術館 Inv. 907.19.165 ©C. Devleeschauwer
3, アンリ・ル・シダネル 《サン=トロペ、税関》 1928年 油彩/カンヴァス 73×92cm フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
4, アンリ・マルタン 《二番草》 1910年 油彩/板 69×100cm フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
5, アンリ・マルタン 《農業[フランス国務院(パリ)の装飾画のための習作]》 1918年 油彩/カンヴァス 62×205cm フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
6, アンリ・ル・シダネル 《ジェルブロワ、テラスの食卓》 1930年 油彩/カンヴァス 100×81cm フランス、個人蔵 ©Luc Paris
7, アンリ・マルタン 《マルケロルの池》 1910-1920年頃 油彩/カンヴァス 81.5×100.5cm フランス、ピエール・バスティドウ・コレクション ©Galerie Alexis Pentcheff
8, アンリ・ル・シダネル 《ヴェルサイユ、月夜》 1929年 油彩/カンヴァス 95×116cm フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
9, アンリ・マルタン 《コリウール》 1923年 油彩/カンヴァス 65×81cm フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
10, アンリ・ル・シダネル 《カミーユ・ル・シダネルの肖像》 1904年 油彩、パステル、鉛筆 /厚紙  46×38cm フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
11, アンリ・マルタン 《アンリ・ル・シダネルの肖像[カオールの《戦争記念碑》のための習作]》 1931年頃 油彩/厚紙  46×33cm  フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SOMPO美術館は新宿駅が最寄りの美術館です。

  • JR新宿駅西口から徒歩5分
  • 東京メトロ新宿駅から徒歩5分
  • 東京メトロ西新宿駅C13出口から徒歩6分
  • 西武新宿線西武新宿駅から徒歩7分
  • 大江戸線都庁前駅A1出口から徒歩7分

詳しいアクセス方法は「公式ホームページからも確認してみてください!

特典:無料チケットプレゼント!(5組10名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「シダネルとマルタン展」のチケットをプレゼントいたします!(5組10名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>「シダネルとマルタン展」 招待チケット応募フォーム

応募受付締め切り:4月4日!