【美大/芸大生必見!!】最新クリエイティブ・デザイン職の就職活動事情!

みなさん、こんにちは。
今日はクリエイティブ・デザイン職における就職活動のリアルをお伝えできればと思います!
なかなかクリエイティブ・デザイン職の採用について知らないことが多いのではないでしょうか?
そんな知られざるクリエイティブ・デザイン職における就職活動を一つずつ紐解いていきましょう!

一般的な採用の流れ

  1. 応募・エントリー
  2. 書類審査
  3. 1次面談
  4. 2次面談
  5. 最終面談
  6. 採用(or内定)!

もちろんデザイン事務所によって面談回数や採用方法は様々ですが、大体このような採用方法をとっているデザイン事務所・企業が多いです。
それではより細かくみていきましょう!

1. 応募・エントリー

ここは一般的な就職活動と同じ内容となります。
履歴書をもとに応募・エントリーを行います。
唯一クリエイティブ・デザイン職の就職活動が、他と違う点としてはポートフォリオと呼ばれる作品集を提出することとなります。(クリエイティブ・デザイン職の場合は99.9%必要です)
もしも、まだポートフォリオのご準備が出来ていない場合はイマすぐにでも制作を開始してください。このポートフォリオの出来によって次の書類審査の結果が決まると言っても過言ではないです。


Euphoric ” “(ユーホリック)運営元のユアムーン株式会社ではポートフォリオ添削サービス「PORTFOLIO SENSEI(ポートフォリオ先生)」というサービスもご提供しておりますので、ポートフォリオについて気になる方は是非リンクよりお問い合わせ下さい^^

2. 書類審査

1.で提出した書類やポートフォリオの内容によって審査が行われます。
この書類審査を通過して初めて、実技を証明するチャンスが訪れます。ですので、まずは書類審査を通過させるために1.応募・エントリーの書類に全力を捧げましょう。

2. 書類審査を通過した際には、通過報告とともに1次面談までの間にクリエイティブ・デザインに関する課題を出されることが多いでしょう。期間は1週間程度の課題が多いです。

3. 1次面談

さぁここまでくれば、あなたの実力は採用側にある程度認められています。(パチパチ👏)この後あなたと直接出会い、課題に対してどのようにプレゼンテーションしてくれるのかと期待しているでしょう。なので1次面談前には、しっかりと提出した課題について自分自身で理解を含め、スラスラとプレゼンテーション出来る様に準備しておきましょう。

そして1次面談を通過した場合、あなたの実力や適正を確固たるものとするために、最後の課題を出されるでしょう。多くの場合、書類審査で出された課題とは異なるタイプの課題となるでしょう。あなたの実力の全てを出し切りましょう!期間は「書類審査」で出された課題と同じく1週間程度と考えて良いでしょう。

4. 2次面談

採用側はこの時点で、あなたの実力に惚れ惚れし「1次面談」で出した課題に期待していることでしょう。
是非そのハードルの高い期待を「1次面談」同様、あなたの完璧なプレゼンテーションで良い意味で期待を裏切りましょう。

ここでしっかりと実力を出し切れば、あとは結果を待つのみです。

5. 最終面談

これまでの過酷な審査を乗り越え、ここまでくれば採用側は採用(or内定)を決めており、応募者との意識のズレがないかをお互い確かめる面談となるでしょう。
主な内容としては条件面での話になるでしょう。
もちろん募集要項には、業務時間や平均残業時間、給与/賞与、昇給なども記載されているかと思いますが、それらについて1つずつ確認し、認識にズレがないかを確かめることになるでしょう。現在は在宅勤務可能か、副業可能かなども大きなポイントの1つとなってきています。

6. 採用(or内定)!

「最終面談」でズレもなければ、ここで晴れて採用(or内定)となるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
集団面接や集団討論がないんだ?と思った方もいたのではないでしょううか?(もちろん実施されている会社もあります。)
しかし、クリエイティブ・デザイン職では一般的な就職活動で求められる総合力以上に、あなたの突出したクリエイティブ・デザイン力(得意な分野や技術、能力)を生かすことを求められます。つまり採用側はあなたの個性を見たいのです。だからこそ、デザイン分野における今のあなたの全てを表現できるポートフォリオでご自身を個性を最大化しましょう!

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 アムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!

デザイナー目線!おすすめ就活サイト4選

デザイン職で転職したいけど、どこから探せばいいの!?

そんな皆さんにデザイナー目線でお勧めする転職サイトを4つ紹介します!

リクナビNEXT



 デザイナーから見たおすすめ度:★★★★☆

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する総合転職サイトです。クリエイティブ関連の求人も多数あり、経歴を登録しておくだけで企業や転職エージェントからオファーが届くこともあります。転職に関する基本的な情報も発信しており、気軽に活動を始めることが出来ます。少しづつ転職の準備を進めていきたい方は、まず登録しておくことをお勧めします!

マイナビクリエイター



デザイナーから見たおすすめ度:★★★★★

マイナビクリエイターはマイナビが運営するクリエイティブ職特化型の転職サービスです。ITやゲーム、広告など様々な業界のクリエイティブ職の求人を見ることが出来ます。求人の幅も非常に広く、制作系の職種から企画まで、様々な職種を網羅しています。

マスメディアン



 デザイナーから見たおすすめ度:★★★☆☆

マスメディアンは、マーケティング/クリエイティブ職種特化型の人材紹介サービスです。転職支援実績も多くあり、実績企業には日本を代表する広告代理店やITベンチャーへの転職事例もあります。広告代理店やブランディングの会社に入りたい方に是非お勧めです!

ファミキャリ!



デザイナーから見たおすすめ度:★★★☆☆

「ファミキャリ!」は、ゲーム雑誌としてよく知られている「ファミ通」と、クリエイティブ業界専門の転職エージェント会社のクリーク・アンド・リバーが運営しているゲーム業界に特化した転職サイトです。企業紹介や転職サポートだけでなくスカウト機能もあり、ゲーム業界にデザイナー、クリエイターとして働きたいという方に是非お勧めのサイトです。