【徹底解説】タチアナ・マズラニーとは?作品と人生を3分で理解しよう!




みなさんはタチアナ・マズラニーを知っていますか?

タチアナ・マズラニーは10月23日金曜日に公開の映画「ストレイ・ドッグ」にも出演します!

この記事では彼女の『人生』と『出演した作品』についてご紹介します!

タチアナ・マズラニーってどんな人?

ソース元

<名前>
タチアナ・ガブリエレ・マズラニー(
Tatiana Gabriele Maslany

<国籍>
カナダ

<人生>
タチアナ・マズラニー(Tatiana Maslany)は1985年9月22日にカナダのサスカチュワン州レジーナで木工職人の父親と翻訳家の母親の間に生まれました。

マズラニーは現在、世界的に有名な女優となり、2003年にTCA Award、2006年にPrimetime Emmy Award、2003年と2004年にCritics’ Choice Awardsを含め、多くの受賞経験があります。

そんな彼女は幼いころから勉強熱心で、小学生の頃からフランス語を勉強していたり、母親からは英語を教えられる前にドイツ語を教えられていました。それに加え、彼女はオーストリア、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、ウクライナの血が混ざっていたり、ドイツ語を話す祖母と祖父がいたりと、様々な言語に幼い頃から触れていました。そして9歳の頃には、演劇やミュージカルのコニュニティーに参加していました。

マズラニーは高校には演劇をしながら通っていたため、1度に数か月休学し、カナダ中を飛び回っていました。高校卒業後は彼女は演劇に集中し、20歳の頃にトロントへ移住しました。

その頃には既に女優として注目されており、カナダの人気テレビシリーズにも出演していました。その後、「Ginger Snaps2」で複数のキャラクターを演じたことで世界的に有名になりました。

タチアナ・マズラニーが出演した作品

Diary of the Dead-2007年

 

Eastern Promises-2007年

 

The Vow-2012年

 

Woman in Gold-2015年

The Other Half-2016年

Stronger-2017年

 

Destroyer-2018年

DESTOROYER(ストレイ・ドッグ)-2020年10月23日

 

LA市警の女性刑事エリン・ベル。若き日の美しさはすでに遠い過去のものとなり、今は酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な人生を送っている。ある日、エリンの元に差出人不明の封筒が届く。17年前、FBI捜査官クリスとともに砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられたエリンは、そこで取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗。その罪悪感が今なお彼女の心を蝕み続けていた―。封筒の中身は紫色に染まった1枚のドル紙幣。それは行方をくらました事件の主犯からの挑戦状だった。過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬と化したエリンは、灼熱の荒野へと車を走らせるが―。

TOHO CINEMAS

DESTOROYER(ストレイ・ドッグ)-インタビュー動画

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タチアナ・マズラニーが世界的に有名な女優として活躍し続けられる要素の1つとして、彼女は外国語学習の環境に恵まれていたり、幼いころから演劇にのめり込んでいたことがわかりましたね!

今後も彼女の活躍が楽しみです!10月23日公開のストレイ・ドッグ、映画館で早く見たいですね!

参考文献

TOP画像:CityNews|Canadian Tatiana Maslany wins Emmy for best lead actress in a drama

WIKIPEDIA|Tatiana Maslany

IMDb|Tatiana Maslany






記事修正・削除依頼フォーム

本記事は様々な情報サイトや文献を参考に制作しております。

記事内容は精査してますが、寄稿での掲載もしているため不備があった際は修正させて頂きたいと思います。

また、記事の修正を依頼を希望される方は以下のフォームをご記入お願い致します。