【チュートリアル】FDM /FFF法3Dプリンター 今更聞けない!フィラメントって何!?

突然ですが、皆さんは3Dプリンターで物を作るときどんなフィラメントを使用していますか。

近年、新しいフィラメントが数多く発売されており、どれを使用するかを選ぶか非常に迷うかと思います。

そこで今回は、フィラメントの概要、種類、特性などをざっくり解説していきたいと思います。

今更聞けない!フィラメントって何!?

フィラメントとは、FDM/FFM方3Dプリンターので造形物を作る際に使用される素材のことです。3Dプリンター専用の素材で、熱を加えることで柔らくしノズルから射出され、造形物を出力します。フィラメントは熱可塑性を持ち、射出されたのちに冷え固まります。

3Dプリンターはかなり普及したと言えますが、ガラス、金属などの新素材や造形方法など、まだまだ発展を続けており、今後さらに驚きのフィラメントが開発されるかもしれません。

3Dプリンターについてはこちらの記事も参考になりますので、よろしければご覧ください!

【チュートリアル】FDM /FFF法3Dプリンター 初心者でも使いやすいおすすめ3選!!

PLA

PLAはポリ乳酸フィラメントで、植物由来の材料です。耐熱、耐衝撃が弱く、壊れやすいという欠点がありますが、反りが少なく、安定して出力することができます。形状確認などのラピッド・プロトタイピングに最適の材料です。

現在、より強度を増したPLAが主流となりつつあり、今後は治具や機能性試験にも広く活用される可能性のある材料です。

ABS

ABSは最も使用されているフィラメントで、高い汎用性を持ちます。日用品や家電製品など、身の回りで使用するものに使われていることが多く、製品開発には欠かせない材料の一つです。反りが発生しやすいという欠点はありますが、靭性、引張強度、曲げ強度など、どれをとっても非常に高く、筐体や強度を求められる素材にも使用することができます。

 

 

 

PET/PETG

PET/PETGとは、ポリエチレンテレフタレートのことで、ペットボトルなどに使用されています。透明の容器やカバーなどに使われており、高強度、透明性、耐熱性など非常に扱い易い材料です。

化粧品の容器に使われており、化学製品に対しても使用することができます。ABSを透明にし、使いやすくしたような素材です。

欠点としては、PET/PETGは糸を引きやすく、温度管理が難しい点が挙げられます。

金属

金属は最近ようやく使うことができる3Dプリンターが出始めたばかりで、まだまだ主流ではありません。フラッシュフォージから発売された3Dプリンターでは、一部金属を出力できるものが発売されています。出力後に燃焼を行うなど、通常の材料とは違った制作プロセスを経る必要がありますが、金属を使用したプロトタイピングが可能となり、非常に可能性のある材料の一つであると思います。

金属フィラメント

木材

木材フィラメントは、本物の木材が配合されているものと、PLAのみで再現されているものの二種類があります。質感、匂いなどが再現されており、建築モデルの作成や模型、アートなどを作る際に最適な素材です。表面を磨き上げることで、非常に美しくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3Dプリンターの材料やその種類を一通り紹介してみました。皆さんの制作に役に立てれば非常にうれしいです。

今後、3Dプリンターの情報を発信していきますので、ぜひそちらもご覧ください。

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!

Adobeを始めたい方はこちらから!