【チュートリアル】Illustrator/イラレをパワーポイント形式に変換する方法!!

突然ですが、皆さんはイラストレーターをパワーポイントに変換したいと思ったことはありませんか!?

今回は、イラストレーターをパワーポイントに紹介する方法に加え、イラストレーターを持っていない人とデータを共有する際のちょっとしたコツを紹介したいと思います。

最新のチュートリアル記事は[こちら]からも確認できます!

イラストレーターをパワーポイントに変換する方法

イラストレーターで新規作成

新規作成 → 新規ドキュメント → 幅/高さを調整 → 作成

  • 「16 : 9の場合」: 幅 338.67mm / 高さ190.5mm
  • 「4 : 3の場合」: 幅 254mm / 高さ190.5mm

初めに、イラストレーターの初期の画面から新規作成を選択し、新しいファイルを作成します。この時、アートボードのサイズをパワーポイントのスライドサイズに合わせます。こうすることで、パワーポイント変換時に編集しやすい形にすることができます。

PDF形式で保存

ファイル → 別名保存 → ファイルの種類でPDFを選択 → PDFを保存

※別名保存の代わりに複製保存でも大丈夫です。

パワーポイントに変換したいファイルを開いた状態で、画面左上のファイルからPDF形式で保存します。

PDFを開き、パワーポイントに変換

ファイル → 書き出し形式 → Microsoft PowerPoint → 保存

最後に書き出し形式からパワーポイントを選択し、出力を行います。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

イラストレーターからパワーポイントに変換するためにはPDFに変換する必要があることがわかりましたね。アドビ系のソフトを持っていない人とプロジェクトについての共有をするためにとても役に立つ方法だと思います。

今後も、知っていると便利なクリエイティブ情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

イラストレーターについての書籍もおススメです!

イラストレーターについてもっと知りたい方、体系づけて学びたい方はこちらのユアムーンデザイン部一押しの書籍もおススメです!何かを学ぶとき、やはり一冊本を持っておくと安心感がありますよね!?書籍などで一通り学ぶことで、応用テクニックも難なく理解できるようになるかと思いますので、是非読んでみてください!

 


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!


「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!


Adobeを始めたい方はこちらから!