【特典あり】「ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が東京都美術館で開催!

2021年9月18日(土)より「ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が東京都美術館で開催!

日本でも非常に人気の高い印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの展覧会が上野の東京都美術館にやってきます!公園やスタバ、美術館や動物園など様々な施設が集まるエリアですので、家族でも楽しめますよ!

ゴッホに魅了された 収集家ヘレーネ・クレラー=ミュラー

今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。その世界最大の個人収集家がヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)です。ファン・ゴッホに魅了され、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年間で、90点を超える油彩画と約180点の素描・版画を収集しました。

本展では、ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、選りすぐりのファン・ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点を展示します。新印象派の影響を色濃く見せるパリ時代の《レストランの内部》、黄と青の対照がまばゆいアルル時代の《種まく人》、糸杉を描いたサン=レミ時代の傑作《夜のプロヴァンスの田舎道》などで、その初期から晩年までの画業をたどります。また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションをご紹介します。

さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目します。

「ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」展覧会情報

会期 2021年9月18日(土)~12月12日(日)
会場 東京都美術館 企画展示室
特設サイト https://gogh-2021.jp
開室時間 9:30~17:30
※最終入場は閉室時間の30分前
休室日 月曜日、9月21日(火)
※ただし9月20日(月・祝)、11月8日(月)、11月22日(月)、11月29日(月)は開室
観覧料
一般 大学生・専門学校生 高校生以下 65歳以上
2,000円 1,300円 無料 1,200円

※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)
※本展は日時指定予約を推奨します。

住所

「ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」展示作品

夜のプロヴァンスの田舎道

およそ2年3か月におよぶ南仏生活最後の作品のひとつ。「ひまわり」のような絵にしたいと熱中した糸杉を中心に、うねるような筆触で描かれたサン=レミ時代の傑作。16年ぶりの来日。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《夜のプロヴァンスの田舎道》 1890年5月12-15日頃  油彩、カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵  ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

種まく人

南仏アルルで描かれた同題のミレーの絵画に基づく。黄色に輝く太陽と紫の大地による力強い色彩の対照、ファン・ゴッホらしい厚塗りが印象深い作品。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《種まく人》 1888年6月17-28日頃 油彩、カンヴァス  64.2×80.3cm クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

レストランの内部

印象派の絵画と出会い、明るい色彩に目覚めたパリ時代の作品。パリでは、芸術家仲間から色彩理論や点描技法を学び、新しい表現を積極的に試みた。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《レストランの内部》 1887年夏 油彩、カンヴァス 45.5×56cm  クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

黄色い家(通り)

芸術家が集うユートピアを夢見てファン・ゴッホが南仏アルルに借りた家。2階に緑の雨戸の付いた部屋が見えるが、左がファン・ゴッホ、右が2か月共同生活を行ったゴーガンの寝室となる。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《黄色い家(通り)》 1888年9月 油彩、カンヴァス 72×91.5㎝ ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

レモンの籠と瓶

フィンセント・ファン・ゴッホ 《レモンの籠と瓶》 1888年5月 油彩、カンヴァス 53.9×64.3cm  クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

サン=レミの療養院の庭

フィンセント・ファン・ゴッホ 《サン=レミの療養院の庭》 1889年5月 油彩、カンヴァス 
91.5×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

東京都美術館は上野公園にある美術館です!上野駅公園口から徒歩7分程度でアクセスすることが出来ます。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページからも確認してみてください!

特典:無料観覧券プレゼント!(3組6名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「ゴッホ展―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」の無料観覧券をプレゼントいたします!(3組6名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>ゴッホ展―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 無料観覧券応募フォーム

応募受付締め切り:9月30日!