【展示会情報】「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」が大阪中之島美術館で開催!

2022年4月9日(土)より「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」が大阪中之島美術館で開催されます!

イタリア出身のアメデオ・モディリアーニ(1884 – 1920)はフランスに渡り、エコール・ド・パリの一員としてピカソや藤田嗣治などと共に活躍しました。祖国で学んだ堅実な絵画技法をもとに、芸術の都パリで個性的な作風を確立し、生涯に多くの肖像画を描きました。

モディリアーニによる人物像はアーモンド型の眼や細長い首をもち、内面的な本質を鋭く捉えます。わずか35歳で命尽きるまで精力的に描いた作品群は、世界中で今なお愛好されています。本展では、国内外で所蔵されるモディリアーニ作品を中心に、同時代のパリを拠点に繰り広げられた新しい動向や多様な芸術の土壌を示し、モディリアーニ芸術が成立する軌跡をたどります。

モディリアーニと20世紀前期のパリで開花した芸術は、新時代の幕開けを迎える躍動感に満ちています。その豊かな醍醐味を、新たな船出を迎えた大阪中之島美術館でお楽しみください。


Euphoric ” ” 編集部からの一言

モディリアーニは1884年にイタリアのリヴォルノに生まれた画家です。14歳の頃からデッサンをはじめ、1903年にヴェネツィアに移住し美術学校で絵画を学びます。

1906年にパリへ渡り、アカデミー・コラロッシでさらに絵画を学びます。しかし当時の評価は低く、一部の新聞や作家に知られている程度でした。初期の頃の作品には、ピカソやポール・セザンヌといった画家の影響が見受けられます。

1917年12月、自身初の個展をついに開催することになりますが、裸婦画を展示したことにより警察が立ち入り、初日でそれらが撤去されてしまいました。1919年には婚約もしていましたが、貧困により酒や薬物に溺れた結果、結核性髄膜炎により僅か35歳でなくなりました。

短い時間の中で描かれた数多くの傑作が展示されますので、是非これを機会に訪れてみてください!

「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」展覧会情報

会期  2022年4月9日(土)– 7月18日(月・祝)
会場 ⼤阪中之島美術館 4、5階展⽰室
展覧会公式サイト https://modi2022.jp
開館時間 10:00 – 17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日、5月2日(月)、7月18日(月・祝)を除く。
チケット
 一般(大阪市内の65歳以上も含む) 高大生 小中学生 未就学児
価格 1,800円
(1,600円)
1,500円
(1,300円)
500円
(300円)
無料

※団体は20名以上。
※20名以上の団体鑑賞をご希望の場合は事前に大阪中之島美術館公式ホームページから団体受付フォームにてお問い合わせください。
※前売券販売期間:2022年2月2日(水)〜 4月8日(金)
※障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は当日料金の半額(要証明)
※一般以外の料金でご利用される方は証明できるものを当日ご提示ください。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
※展示室内が混雑した場合は、入場を制限する場合があります。
※今後、地域の新型コロナウイルス感染状況などを踏まえ、展覧会の会期・開館時間などを変更させていただく場合があります。ご来館の際には本サイトまたは大阪中之島美術館公式ホームページで最新の情報をご覧ください。また、ご来館にあたっては、マスクの着用など、感染拡大防止対策にご協力くださいますようお願いいたします。

住所

「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」展示作品・構成

少女の肖像

アメデオ・モディリアーニ 《少女の肖像》
1915年頃、個人蔵

座る裸婦

アメデオ・モディリアーニ 《座る裸婦》
1917年、アントワープ王立美術館、
photo: Rik Klein Gotink, Collection KMSKA – Flemish Community (CC0)

髪をほどいた横たわる裸婦

アメデオ・モディリアーニ 《髪をほどいた横たわる裸婦》
1917年、大阪中之島美術館

エレナ・ポヴォロツキー

アメデオ・モディリアーニ 《エレナ・ポヴォロツキー》
1917年、フィリップス・コレクション

ドリヴァル夫人の肖像

アメデオ・モディリアーニ 《ドリヴァル夫人の肖像》
1916年頃、バーゼル美術館

大きな帽子をかぶったジャンヌ・エビュエルヌ

アメデオ・モディリアーニ 《大きな帽子をかぶったジャンヌ・エビュエルヌ》
1918年、個人蔵

若い女性の肖像

アメデオ・モディリアーニ 《若い女性の肖像》
1917年頃、テート、Photo © Tate

緑の首飾りの女(ムニエ夫人)

アメデオ・モディリアーニ 《緑の首飾りの女(ムニエ夫人)》
1918年、個人蔵

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

大阪中之島美術館は大阪府北区中之島にある美術館です。

「渡辺橋駅」が最寄り駅となっています。

詳しいアクセス方法は「公式ホームページ アクセスからも確認してみてください!

特典:無料チケットプレゼント!(3組6名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」のチケットをプレゼントいたします!(3組6名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>>モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─ 招待チケット応募フォーム

応募受付締め切り:4月19日!