【新生活おすすめ】ユアムーン デザイン部がすすめる厳選名作イス3選!_Vol1

【新生活おすすめ】ユアムーン デザイン部がすすめる厳選名作イス3選!_1Vol1

こんにちは!ユアムーン 編集部です!

新生活の季節ですが、いかがお過ごしですか!?新しいアパートへ引っ越す、会社に入る、学校に入学するなど、新しい生活へ向けての準備で大忙しの方も多いと思います。

今回はそんな春の新しい生活へ向けて準備する方、春だからこそ新しく模様替えをしたいという方へユアムーンデザイン部がおすすめする椅子を五つ紹介したいと思います。

ユアムーン デザイン部のおすすめ椅子3選

スツール 60 1933年

STOOL60 PAIMIO COLOR/Artek(スツール60 パイミオカラー/アルテック)出典:STOOL 60 COLOR (Artek), H.L.D., http://hld-os.com/shopdetail/000000000048/

デザイン:アルヴァ・アアルト(フィンランド)

まず初めに紹介するのは、スツール60です。丸い板に三本の足という非常にシンプルで幾何学的(モダンデザイン)な形態をしていながら、北欧デザイン特有の暖かみを持ちます。

1933年にデザインされたにもかかわらず、そのフォルムに全く古さを感じないことに驚きです。

このような椅子が生まれた背景には、建築の造形が古典主義的建築様式から、現代私たちがよく目にする幾何形体を多用した建築に変化したことが挙げられます。幾何形体を多用した建築物において、それとマッチする家具が作られてきませんでした。この時代の要請に応じ、シンプルで幾何学的な数多くの素晴らしい家具が生まれることとなります。

シンプルであるがゆえに、汎用性が高く、長く愛されてきたイスです。皆さんの生活を今後何年も支える椅子になるでしょう。


アルヴァ・アアルトについてはこちらから↓

【アルヴァ・アアルト~北欧建築デザインの起源を知りたくないですか?】

バタフライスツール 1956年

出典:S-0521RW-ST, TENDO.CO.,Ltd, https://www.tendo-mokko.co.jp/sets/s-0521_set

デザイン:柳宗理(日本)

次に紹介するのは山形県天童市の家具メーカー、「天童木工」が製造するバタフライスツールです。

1956年、日本の工業デザイナーである柳宗理によりデザインされました。柳宗理の父親は民藝運動を起こした思想家の柳壮悦で、「用の美」という考え方を唱えた人です。また、柳宗理は日本のデザインの美しさを世界に初めて認めさせた人で、日本のデザイナーと言えばこの人!と言われるほどのです。

「天童木工」の高い曲木の技術と組み合わさり、二枚の湾曲した板を組み合わせたシンプルな形でありながら、そこにはれっきとした機能が存在します。


J46 1956年

FDBモブラー J46

出典:ポール・M・ヴォルタFDBモブラー J46  (Poul M. Volther), 楽天, https://item.rakuten.co.jp/greeniche/10003918/

デザイン:ポール・M・ヴォルタ(日本)

次に紹介するのは「J46」というイスです。この椅子はデンマークのポール・M・ヴォルタによりデザインされた椅子で、デンマーク国民の5人に一人が持っているほど人気を博した椅子です。

「家具は人々を幸せにする」という信念のもと、ウィンザーチェアの装飾を取り除き「J46」を完成させました。非常にシンプルな形態でありながら、光が差し込んだ時にできる陰影は非常に美しく、生活空間を柔らかく彩ります。

端部にかけて細身かかる足の部品は、椅子に軽やかさを演出します。このような表現方法はアップルのMacbookにも見られますね!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、新生活でも使い易そうな名作の椅子を3種類紹介しました。椅子にしてはちょっと高めの値段となっていますが、何とか許容範囲!という方もいらっしゃるのではないでしょうか(笑)。

新しい生活を始めるにあたり、これら紹介した椅子は何年も使えるものですので、皆さんの生活を彩ってくれるうってつけの椅子たちですよ。

Euphoric””では、今後も数多くのアーティストをご紹介していくだけではなく、弊社デザイナーが使っているAdobeソフトのイラレやフォトショのチュートリアル、3Dプリンターの解説などを記事にしています。

是非、そちらの記事も見てみてくださいね!