【徹底解説】女優:ベティ・ギルピンとは?作品と人生を3分で理解しよう!




c

ベティ・ギルピンってどんな人?

ソース元

<名前>
ベティ・ギルピン(Betty Gilpin)
※本名はエリザベス・フォーラン・ギルピン(Elizabeth Folan Gilpin)

<国籍>
アメリカ合衆国

<人生>
ベティ・ギルピン(Betty Gilpin)は1986年7月21日にアメリカのニューヨークで生まれ、父親は俳優のジャック・ギルピン(Jack Gilpin)、母親は女優のアン・マクドノー(Ann McDonough)と役者の家族のもとで育ちました。

ギルピンはルーミス・チャフィー・スクールと呼ばれる、コネチカット寄宿学校を卒業後、フォーダム大学に入学し、女優であるダイアン・ウィースト(Dianne Wiest)がメンターとしてついていました。彼女は2008年に大学を卒業した後、様々なTVのシリーズドラマや映画でゲストとして出演しました。彼女が出演した有名な作品は「Law & Order」や「Ghost Town」などが挙げられます。

ギルピンの女優としてのキャリアがはじまったのは以外にも2013年で、コメディードラマ「Nurse Jackie」でキャリー・ローマン博士として女優デビューしました。彼女はその後、「Take Care(2014年)」「True Story(2015年)」「Future’38(2017年)」などに出演し、たちまち有名女優となりました。

ギルピンの活躍は彼女の両親が役者として既に有名だったので、そこまで難しいものではないと思われがちですが、実は彼女と両親の関係性はあまり良いものではありませんでした。彼女の両親は役者として活躍していましたが、その大変さも知っていたからか、彼女の両親は彼女に役者業に加えて何かほかの分野の事も勉強するように強く勧めていました。そしてギルピンは2018年にエミー賞を受賞した時のインタビューで「両親はあまり協力的ではなかった」というコメントも残しています。つまり、彼女が現在の女優としての立場を築き上げてこれたのは、彼女自身の努力が大きかったと言えます。

そして彼女は10月23日(金)に公開の映画「ザ・ハント」に出演します。

ベティ・ギルピンの出演作品

ここでは彼女の出演作品の中でも、彼女の女優としての地位を大きく高めた作品「GLOW」と、近日公開の「ザ・ハント」の2つをご紹介します!

GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング

主人公であるルースは、オーディションに何度も落ち、生活費も底をつきそうな女優。そんな彼女に「型破りな女性」を探しているオーディションがあると一通の電話が。しかしそれはGLOWという美女たちのプロレスだった!?

GLOWは現在シーズン3まで続いており、ベティ・ギルピンはヒーローレスラー役で、主人公のルースの元親友を演じています。

所持金83ドルで生活もままならない状態の彼女が思い描いていた女優像とは違いますが、女優になるために食らいついていく。まさに人生逆転劇のアメリカンドリーム映画ですね!

GLOW-インタビュー動画

GLOWでのギルピンとは全くちがう、実はとても柔らかそうな性格をお持ちの方なんだなと彼女の話し方から伝わってきます。

 

ザ・ハント

今世紀最大の問題作!

広大な森の中で目覚めた12人の男女。そ子で行われていたのはセレブが娯楽目的で始めた人間狩りスポーツだった。「セレブ」VS「庶民」のサバイバルバトルがはじまった!!!

この作品はアメリカ社会への風刺が含まれており、一度は公開中止まで追い込まれました。ベティ・ギルピンは主人公であるクリスタルを演じています。

予告動画ですが、序盤から人が殺されてしまい、ハラハラ感が滲み出ていますね!そしてクリスタルを演じるギルピンが徐々にサバイバルという環境に適応するに連れて見えてくる、狂気すら感じる迫真の演技が見所です!

ザ・ハント-インタビュー動画

GLOWでもそうでしたが、改めて女優としての彼女と、ギルピンとしての彼女は全く違うと、インタビューを聞いていて実感します。おそらく血痕がついた服を着ているので、撮影の休憩中にされたインタビューですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベティ・ギルピンが出演している作品はかなりアグレッシブなものが多く、本来の性格とは関係なしに、そのような役を演じられるのが彼女の魅力の1つなのかなと思います。

インタビュー動画を見ていただけた方はお分かりかともいますが、彼女は普段はすごく穏やかな方で、演技となると一気に人が変わり、プロのすごさを実感します。

機会があれば、是非映画「ザ・ハント」を見に行ってみてください!

参考文献

TOP画像:Indie Wire|‘GLOW’ Breakout Betty Gilpin Still Doesn’t Feel Like She’s Made It, and That’s a Hollywood Problem

FILM DAIRY|Here’s why everyone is obsessed with Betty Gilpin from ‘The Hunt’

WIKIPEDIA|Betty Gilpin

 




記事修正・削除依頼フォーム

本記事は様々な情報サイトや文献を参考に制作しております。

記事内容は精査してますが、寄稿での掲載もしているため不備があった際は修正させて頂きたいと思います。

また、記事の修正を依頼を希望される方は以下のフォームをご記入お願い致します。