なぜ「千と千尋の神隠し」は海外から評価されるのか?

2020年12月16日に「千と千尋の神隠し」の興行収入が308億円から316億円8000万円と更新されたことで、今話題の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入の新記録更新が先延ばしになったことでニュースとなっていました。

アニメ映画「千と千尋の神隠し」の興行収入が308億円から316億8000万円に上積みされたことが話題になっています。公開中の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の13日までの興収が約302億円で、間もなく史上最高になるタイミングだっただけに「なぜ」と感じる人が多かったようです。

 上積みの理由は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で映画の新作公開の延期が相次ぎ、今年6~8月に「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」「風の谷のナウシカ」を再上映。「千と千尋の神隠し」は8億8000万円を上積みしたので、加算したというものです。

Yahooニュースより

このニュースは、ハリウッド映画を多く取り上げている海外メディア「IndieWire」でも大々的に取り上げられていました。

 

しかし、なぜこんなに海外で「千と千尋の神隠し」は評価されているのでしょうか?

私、ユアムーン 編集部は幸運なことに海外生活がある程度長く、現地の友達と「千と千尋の神隠し」の批評で盛り上がった経験もあります。

そこで、今回は「千と千尋の神隠し」が海外で評価されている理由を、3つの視点から紐解いていきたいと思います!

その3つの視点とは
・異常な作画クオリティの高さ

・海外では類を見ない世界観

・Hayao Miyazakiという男

では、さっそく解説していきたいと思います!

「千と千尋の神隠し」の異常な作画クオリティの高さ

「千と千尋の神隠し」が海外で評価される理由の1つ目が「作画クオリティ」です。

「千と千尋の神隠し」は、日本では2001年7月20日、海外では2020年あたりに公開されました。

日本では既に「クレヨンしんちゃん」「ポケットモンスター」などのアニメーションが上映されており、当時でもそこそこの作画のクオリティがありました。なので、「千と千尋の神隠し」を見た日本人は、作画に関してはそこまで深い感想を持たなかったと思います。

しかし、現在もそうですが、2002年の海外の映画はアニメーションではなく、実際に存在する人物が演技をして撮影した動画が元となった映画が9割ほど占めていました。(アニメーションの映画も存在しましたが、作画のクオリティは決して高くありませんでした。子供なら楽しめる程度です。)

そんな中に、あの作画クオリティの「千と千尋の神隠し」が上映されることとなりました。

当時の海外のアニメーション映画は子供向けという立場でしたが、「千と千尋の神隠し」は大人子供関係なく、全員が食い入るように映画を観ていたそうです。おそらく海外で「千と千尋の神隠し」を見て、他のジブリ作品に興味を持った人は山ほどいると思います。

海外では類を見ない「千と千尋の神隠し」の世界観

「千と千尋の神隠し」が海外で評価される理由の2つ目が「世界観」です。

私たちが存在する普通の世界から、神様が存在する別の世界へ主人公である千尋が迷い込む。その中で、多くの人の力を借りることで、様々な困難を乗り越える。そして、序盤の引越しで車に乗っていたムスっとした顔の千尋が、精神的に成長し大人の顔になっていく。

このような成長を感じられるストーリーに、日本人は心打たれると思います。

しかし、海外ではファンタジーが大好きな方が多くいることもあり、神様の存在する世界で登場する人物が、あたかもその世界が当たり前のものであるかのように振舞う。

そして、その異様な世界を後押しするかのような、重くねっとりとしたバックミュージック。

さらに、湯婆婆、銭婆、ハク、顔なしなどの準主人公的な存在だけではなく、黒くて丸い”ススワタリ”の個性もしっかりと表現されているような細部までのこだわりが、海外での「千と千尋の神隠し」の評価をもう一段階上げることとなりました。

「千と千尋の神隠し」の産みの親”Hayao Miyazaki”という男

「千と千尋の神隠し」が海外で評価される最後の理由が「Hayao Miyazaki」です。

ソース元

彼は「千と千尋の神隠し」の他にも、「となりのトトロ」「もののけ姫」などでアカデミー賞を含む、数多くの国際的な受賞歴があります。

彼は自分のアニメーションへの情熱が強すぎて、40年のキャリアの中で何度も引退を考えたそうです。そして2013年に「風立ちぬ」を公開し、2014年にスタジオジブリを閉鎖しました。

この事実に日本でも数えきれない人が悲しみましたが、海外の人はもしかすると、日本人以上に悲しんでいたのかもしれません。その証拠に、2017年にニューヨークで「Never-Ending Man : Hayao Miyazaki」というドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。

今では「Hayao Miyazaki」は日本のアニメーションの”ゴッドファーザー”とも呼ばれるようになり、日本を代表する人物に必ずと言っていいほど、彼の名前が挙げられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、なぜ「千と千尋の神隠し」が海外からあそこまでに評価されるのか、について批評をしてみました。

Euphoric””では、今後も数多くのアーティストをご紹介していくだけではなく、当ユアムーンのデザイナーが使っているAdobeソフトのイラレやフォトショのチュートリアル、3Dプリンターの解説などを記事にしています。

是非、そちらの記事も見てみてくださいね!

参考文献

TOP画像:https://www.rogerebert.com/reviews/great-movie-spirited-away-2002