【チュートリアル】最速!! Illustrator/イラレ 1分で画像に影を付ける方法!!




突然ですが、皆さんはイラストレーターで影を付けたいと思ったことはありませんか?

フォトショップほどの機能ではないものの、イラストレーターでも簡単に影を付けることができます!今回は、そのイラストレーターで簡単に影を付けることができる機能を紹介します。

イラストレーターで影を付ける方法

効果 → スタイライズ → ドロップシャドウ

初めに、影を付けたいレイヤーを選択した状態で、効果→スタイライズ→ドロップシャドウを選択します。

すると、この数秒の作業であっという間に影を付けることができました!

各パラメータについては次の通りです。

不透明度:影の透明度を調整できます。

X軸オフセット:影をX軸方向に移動させることができます。

Y軸オフセット:影をY軸方向に移動させることができます。

ぼかし:影をどれだけぼかすかを調整できます。

※描画モードについては、レイヤーモードについての話になるため、次回以降紹介していきたいと思います。レイヤーモードはデジタルイラストレーションで活用されるツールですので、興味のある方はぜひ楽しみにしていてください!!

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

イラストレーターでも簡単に影を付けることがわかりました!フォトショップを使わなくても簡単に影を付けることができますので、必要に応じて活用いただければ嬉しいです。

今後も、知っていると便利なクリエイティブ情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

 




記事修正・削除依頼フォーム

本記事は様々な情報サイトや文献を参考に制作しております。

記事内容は精査してますが、寄稿での掲載もしているため不備があった際は修正させて頂きたいと思います。

また、記事の修正を依頼を希望される方は以下のフォームをご記入お願い致します。