【徹底解説】艾未未とは?作品と人生を3分で理解しよう!




みなさんは艾未未を知っていますか?

艾未未はコンセプチュアルアーティストとして活躍しています。

彼はコンセプチュアルアーティストの他に、現代美術家、キュレーター、建築家、文化評論家、社会評論家として、様々な一面も持っています。彼は父の亡命や中国の強制収容所での労働な、中国当局から芸術活動を停止させられたりと、中国人なのにも関わらず、あまり中国にいい印象を持っていません。

この記事では艾未未の『人生』と『代表作品』についてご紹介します!

艾未未ってどんな人?

ソース元

<名前>
艾未未(がい・みみ、Ai Weiwei)
※本名は蒋未未

<国籍>
中国

<人生>
艾未未(がい・みみ、Ai Weiwei)は1957年5月18日に、中国の北京で生まれました。父は中国の詩人、母も同じく詩人でした。艾未未がまだ1歳の1958年に、艾未未も含め、彼の家族は黒竜江省の強制収容所に送られました。その後1961年に新疆ウイグル自治区の石河子市に追放され、そこで16年間暮らしました。そして毛沢東の死後、艾未未の家族は1976年に北京に戻ることができました。

 

5年後の艾未未が24歳の頃に彼はアメリカへ移住し、フィラデルフィアとサンフランシスコに住みながら、ペンシルベニア大学とカルフォルニア大学ばバークレー校で英語を学びました。その後、彼はニューヨークへ移動し、Parsons School of Designへ入学し、芸術を学びますが、後に中退します。艾未未がコンセプチュアルアートに目覚めたのは学校を中退し多後でした。

 

艾未未はマルセル・デュシャン、アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズなどの有名なアーティストに魅了され、レディメイド(既製品)を使ってコンセプチュアルアート作品を制作し始めました。

ソース元

 

1993年、父が病気になったので艾未未は中国北京へ戻りました。そこで父の看病をしつつ、芸術家に関する本を3冊の出版、建築スタジオFAKEを2003年に設立、美術展示会「Fuck off」のキュレーターとして活躍をしていました。

 

2011年に艾未未は脱税の容疑で81日間の投獄を経験しましたが、釈放され、2015年にベルリンへ戻りました。その後2019年にイギリスのケンブリッジへ移住し、今もそこに住んでいます。

 

以下の動画では、TATEが艾未未について取り上げたインタビュー動画です!

コンセプチュアルアートってなに?

コンセプチュアル・アートとは、1960年代後半から1970年代にかけて展開した前衛芸術です。

当時はミニマルアートが主流でしたが、もはや絵画や彫刻という形式を取らずとも、思考や構想のみで芸術とみなそうということでコンセプチュアル・アートが登場しました。形式は自由ということから概念芸術とも言われています。

▼コンセプチュアルアートについて、以下の記事でくわしく解説しています!
【まるっと理解!】コンセプチュアルアートってなんですか?

艾未未の代表作品

The Bird’s Nest-2005年~2008年

この作品は、スイスの建築家であるヘルツォーク・アンド・デ・ムーロン(Herzog and de Meuron)と共同で、2008年の北京オリンピックに向けて制作されました。しかし、この作品は中国政党が国の栄光を世界に宣伝するための舞台となってしまった為、結果的に彼にとって公開の作品となりました。

ソース元

Fragment-2005年

この作品は清王朝時代の解体された寺院から柱とを使って制作されました。この作品の特徴は上から見た時に、中国の地図のように見えるように作られているところになります。

ソース元

Template-2007年

この作品は、開発のために取り壊された明と清王朝時代の家から回収された木製のドアと窓を使って制作されています。しかし、この作品はドイツの野外で制作されていたことから、雨風にさらされ、崩壊しました。

ソース元

Fountain of Light-2007年

この作品は、高さ20フィートを超えるシャンデリアで、TATEリバプールで展示されました。

ソース元

Straight-2008年~2012年

四川大震災の影響で、数千人の学生が学校の下敷きとなりました。艾未未がこの事件が社会から忘れられないようにこの作品を制作しました。この作品は倒壊した建物の断片を想起させる起伏を持っています。

ソース元

Sunflower Seeds-2010年

この作品はTATEモダンのタービンホールに制作されました。この作品が展示されている間、艾未未は脱税の容疑で81日間投獄されていました。

ソース元

Forever Bicycles-2013年

この作品は艾未未が1179台のステンレス生の自転車のフレームを使って制作されています。

ソース元

Stools-2013年

この作品は6000ものスツールを使って制作されました。このスツールは明王朝の時代に職人の手によって作られた3本足の木製の椅子で、文化大革命の後に金属とプラスチックの椅子に入れ替えられたものです。

ソース元

Ye Haiyan’s Belongings-2013年

Ye Haiyanとは中国で女性権利主張をした活動家で、彼女は中国政府から自宅を追い出されました。艾未未はそんな彼女を保護し、彼女の持ち物を芸術作品をして展示することで支援しました。

ソース元

まとめ

いかがでしたでしょうか?

艾未未は中国の歴史と深く関係のある材料を使い、多くのインスタレーションを制作してきました。インスタレーションとは見るだけでも楽しめるものですが、艾未未の作品は彼の歴史を知ることでより楽しめることをお伝えできたのであれば幸いです!

参考文献

TOP画像:artnet news|‘The Real Problem Comes From the West’: Ai Weiwei Slams the US and Canada for Their Complicity in Tensions With China

WIKIPEDIA|Ai Weiwei

RA|Ai Weiwei:13 works to know






記事修正・削除依頼フォーム

本記事は様々な情報サイトや文献を参考に制作しております。

記事内容は精査してますが、寄稿での掲載もしているため不備があった際は修正させて頂きたいと思います。

また、記事の修正を依頼を希望される方は以下のフォームをご記入お願い致します。