【チュートリアル】今更聞けないデザイナー必須のIllustrator/イラレ ショートカットキー7選




突然ですが、皆さんはどのようなイラストレーターのショートカットキーを使っていますか!?

すでに使っている人も多いかもしれませんが、これからクリエイターを目指す人向けに特に便利な7つのショートカットキーを紹介したいと思います!

イラレショートカットキー7選

ctrl / command + G

ctrl/command + Gはグループ化をするショートカットキーです。

作業の効率化には欠かせません。このショートカットキーは、グラフィック作成以外にも資料作りなどに役に立ちます。

ctrl / command + F

ctrl/command + Fはコピーしたものを同じ位置にペーストするショートカットキーです。

プレゼンテーション資料などのページ数記載、見出しの位置の統一などに役に立ちます。

ctrl / command + D

ctrl/command + Dはコピーしたものを同じ位置にペーストするショートカットキーです。

プレゼンテーション資料などのページ数記載、見出しの位置の統一などに役に立ちます。

 

ctrl / command + L

ctrl/command + Lはレイヤーを新規に追加するショートカットキーです。

これは、グラフィック作成時に特に役に立ち、レイヤーを効率的に管理することができます。

ctrl / command + J

ctrl/command + Jは繋がっていないパスを自動的につなげることができるショートカットキーです。

複雑な図形を描写することに向いていませんが、簡単な図形制作時に役に立ちます。

 

ctrl / command + shift + [ , ]

ctrl/command + shift + [ , ]は選択したオブジェクトを最前面、最背面に移動させるショートカットキーです。

グラフィック作成時にはもちろん、資料作りにも欠かせないショートカットキーです。整列などをする場合にもとても役に立ちます。

ctrl/command + shift + ] (最前面)
ctrl/command + shift + [ (最背面)

shift + ↑,↓,→,←

shift +↑,↓,→,←は普通の↑,↓,→,←の10回分を一回で動かすことができるショートカットキーです。

レイアウトの調整や、レギュレーションを決めた資料を作るときにとても役に立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

既に知っているショートカットキーもあったかもしれませんが、このチュートリアルを通して新しい便利なショートカットキーを知れたという方がいれば幸いです。

今後も、知っていると便利なクリエイティブ情報を発信していきますので、よろしくお願いします!




記事修正・削除依頼フォーム

本記事は様々な情報サイトや文献を参考に制作しております。

記事内容は精査してますが、寄稿での掲載もしているため不備があった際は修正させて頂きたいと思います。

また、記事の修正を依頼を希望される方は以下のフォームをご記入お願い致します。