ゴールドスミス(Goldsmiths, University of London)とは!?キャンパスや選考ごとの基本情報を解説!

ゴールドスミス(Goldsmiths, University of London)とは!?キャンパスや選考ごとの基本情報を解説!

ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London)とは、イギリスのロンドンにある美術大学です。

ゴールドスミス・カレッジは1891年に創立され、1904年にロンドン大学の構成カレッジの一つになりました。アートの分野が強いことで知られており、ヤング・ブリティッシュ・アーティストと呼ばれるイギリスの若手アーティストの多くはゴールドスミス・カレッジ出身者です。

ユーホリックでも以前紹介したダミアン・ハーストもゴールドスミス・カレッジ出身です。ヤング・ブリティッシュ・アーティストの中でも特にコンセプチュアルアートの分野において多大な功績を収めました。

ターナー賞(文学でいうところの芥川賞的な一大ニュースになる賞です。)受賞者を7人も輩出しており、芸術大学の中でも特に有名な学校に数えられます。

心理学や法学、社会学の専攻もありますが今回は芸術に関連した専攻に焦点を当て紹介していきたいと思います。

↓卒業生のダミアン・ハーストについてはこちらから↓

【ダミアン・ハースト~『生死』を表現する作品の紹介】

取得できる学位

BFA Fine Arts = 学士(美術)・・・3年
BA  Fine Art& History of Art = 学士(美術史/美術)・・・3年
BSc Digital Arts Computing = 学士(理学)・・・3年

MA Art & Ecology = 修士(芸術/環境)・・・15カ月
MA Artists’ Film & Moving Image = 修士(映像)・・・2年
MFA Curating = 修士(キュレーション)・・・2年
MFA Fine Art = 修士(美術)・・・2年
MPhil/PhD Art = 博士(美術)・・・2年
Graduate Diploma in Art (学士と修士の間)・・・1年

※このほか法学や心理学など様々な学問分野があります。
※MPhil/PhD ArtとGraduate Diploma in Artは今回の説明から除外します。

キャンパス紹介

ゴールドスミスはロンドン芸術大学やRCAとは異なり、ロンドン郊外から少し離れた場所にあります。ロンドンでよく知られる観光地、バッキンガム宮殿やロンドン時計塔などから電車で30分くらいの場所に位置しています。

※イメージとしては、東京芸術大学が山手線の内側にあるのに対し、武蔵野美術大学や多摩美術大学が東京の西側の郊外にあるような感じでしょう(笑)。

このような、大学の校舎が郊外にあることについて大学学長は次のように述べています。

“I’ve never known an artist who wasn’t some kind of outsider, so I think there is something about not being in a leafy urban square in central London that is useful.”

出典:https://www.timeshighereducation.com/news/campus-close-up-goldsmiths-university-of-london/2011556.article

一言でまとめてしまえば、「アーティストはある種アウトサイダー的で、都心から離れた場所に校舎があることはアートを学ぶことに適している。」ということです。

ヤングブリティッシュアーティストを輩出した大学で、他の都心にある美術大学とは異なり、校風が少し変わっていますね(笑)。

また、このキャンパスでは他の専攻を学ぶ人たちと同じ場所で勉強することができるため、美術以外の分野からの知識を得ることができます。日本でいうところの総合大学にあたるため、幅広く学問を収めたい人に向いています。

学位ごとの基本情報

BFA Fine Arts / BA Fine Art& History of Art

学費
約360万円(£23,870)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・高校卒業と同等の資格(国際バカロレアなど)
・IELTS6.5以上

入学試験内容
・出願書類
・ポートフォリオ
・面接(書類、ポートフォリオ専攻を通過した人に対して行われます。)

申請書類
・願書(UCASを通して出願を行います。)
・ポートフォリオ
・IELTS

申請書類
BFA Fine Artshttps://www.gold.ac.uk/ug/ba-fine-art/
BA  Fine Art& History of Arthttps://www.gold.ac.uk/ug/ba-fine-art/

 

BSc Digital Arts Computing

学費
約260万円(£17,370)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・高校卒業と同等の資格(国際バカロレアなど)
・IELTS6.0以上

入学試験内容
・出願書類
・ポートフォリオ(12作品以上)
・面接(書類、ポートフォリオ専攻を通過した人に対して行われます。)

申請書類
・願書(UCASを通して出願を行います。)
・ポートフォリオ
・IELTS

URL :https://www.gold.ac.uk/ug/ba-fine-art/

 

MA Art & Ecology

学費
BA:約340万円(£22,720)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・芸術に関する学位(もしくはそれと同等の実績)
・IELTS7.0以上

入学試験内容
・出願書類
・ポートフォリオ(12作品以上)
・面接(書類、ポートフォリオ専攻を通過した人に対して行われます。)

申請書類
・願書
・ポートフォリオ
・研究計画書
・過去の学習状況
・IELTS

URL :https://www.gold.ac.uk/pg/ma-art-ecology/

 

MA Artists’ Film& Moving Image

学費
約300万円(£19,660)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・IELTS6.5以上

入学試験内容
・出願書類
・ポートフォリオ
・面接(書類、ポートフォリオ専攻を通過した人に対して行われます。)

申請書類
・願書
・ポートフォリオ
・研究計画書
・過去の学習状況
・IELTS

URL :https://www.gold.ac.uk/pg/ma-artists-film-moving-image/

 

MFA Curating

学費
約330万円(£21,940)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・芸術に関する学位(もしくはそれと同等の実績)
・IELTS6.5以上

入学試験内容
・出願書類
・面接

申請書類
・願書
・過去の学習状況
・IELTS

URL :https://www.gold.ac.uk/pg/mfa-curating/

 

MFA Fine Art

学費
約360万円(£24,130)
※2021年度次のレート
※多様な奨学金制度や助成金制度もあり。

応募資格
・芸術に関する学位(もしくはそれと同等の実績)
・IELTS17.0以上

入学試験内容
・出願書類
・ポートフォリオ
・面接

申請書類
・願書
・ポートフォリオ
・過去の学習状況
・IELTS

URL :https://www.gold.ac.uk/pg/mfa-curating/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本の大学と比べると他のイギリスの大学と同様に学費がかなり高くなってしまいます。

しかしながら、郊外の落ち着いた場所でアートを勉強することができます。中心市街からも決して遠すぎることのない距離ですので、場所としてはなかなか魅力的です。

今後さらに授業内容や学生の作品などの詳しい情報をアップデートしていく予定ですので、お楽しみに!

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 アムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!