【特典付】リュイユ―フィンランドのテキスタイルが京都国立近代美術館で開催

レーナ=カイサ・ハルメ《青い夜》2006年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

2023年1月28日より「リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション」が京都国立近代美術館で開催!

「やわらかな色面」を感じさせるリュイユの一番の魅力は、複雑に構成された色彩の表現にあります。ウフラ=ベアタ・シンベリ=アールストロム(1914–1979)は、水彩によるデザイン画をもとに、幾何学的な模様を無数の階調で表現した、リュイユの代表的なデザイナーの一人です。こうした色彩構成は、レーナ=カイサ・ハルメ(b. 1940)の近年の作品のように、ウールのみならず、リネンやヴィスコースなどの異なる質感の素材を用いることで、より複雑な表現へと展開しています。

リュイユは、フィンランドのアイデンティティが表れた織物だと言われます。16世紀にはすでに寝具として用いられていたリュイユの大きな転換点は、1900年パリ万博。画家アクセリ・ガッレン=カッレラ(1865–1931)によってデザインされた《炎》は、フィンランド館を彩り、ロシアからの独立を視野にナショナル・ロマンティシズムの一端を担います。一方、画家のデザインをもとに制作を担ったのは、伝統的な手工芸を保存し活かすことを掲げて1879年に設立されたフィンランド手工芸友の会でした。同会は、デザイナーと優秀な織り手との豊かな関係を築いたほか、家庭用の制作キットを作ることで、趣味の良い生活と、自ら作る喜びを広めていきます。

新たなデザインのリュイユは、時代の変化とともに生み出され、1950年代にはガラスや陶芸と同様に、ミラノ・トリエンナーレで受賞を重ねるなど「フィンランド・デザイン」として国際的な評価を高めました。現在では、作家が自ら手掛ける作品も多く、造形や素材は多様化して表現の幅はより広がりを見せています。リュイユの歴史は、いわば近代以降のテキスタイル・アートの変遷を凝縮した物語なのです。

本展では、フィンランド国立博物館と並び称されるリュイユのコレクションとして著名なトゥオマス・ソパネン・コレクションを日本で初めて紹介します。リュイユの歴史を概観できる重要な作品を厳選し、主に1950年代以降に制作された作品約40点を展観します。

『リュイユ―フィンランドのテキスタイル』展覧会情報

会期 2023年1月28日(土)~4月16日(日)
会場 京都国立近代美術館 4F コレクション・ギャラリー内
公式サイト https://www.momak.go.jp
開催時間 午前10時~午後6時
金曜日は午後8時まで開館(2月3日、2月10日、4月14日を除く)
*入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
観覧料
一般 大学生 高校生以下 心身に障がいのある方と付添者1名
通常 430円 130円 無料 無料
団体 220円 70円 無料 無料

夜間割引
夜間開館日(金曜日)の午後5時以降、夜間割引を実施します。
一般 430円 → 220円、大学生 130円 → 70円

住所

『リュイユ―フィンランドのテキスタイル』展示予定作品

メリッサ・サンマルヴァーラ《紅葉》2020年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
マイヤ・ラヴォネン《青いリュイユ》2016年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
アイノ・カヤニエミ《おとぎの国》2015年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
レーナ=カイサ・ハルメ《青い夜》2006年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
リトヴァ・プオティラ《赤い塔》1960年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる作品はありましたか!?

京都国立近代美術館は平安神宮の近くにある美術館です。

地下鉄東西線「東山」駅下車 1番出口より徒歩約10分でアクセスすることが出来ます。

このほかJRやバス等、車でもアクセスすることが出来ますので、詳しいアクセス方法は「京都国立近代美術館公式サイト ご利用案内」からも確認してみてください!

特典:無料チケットプレゼント!(抽選5組10名様)

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ここでは、最後までお読みいただいた方に限定で『リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション』の無料チケットを配布しています!(抽選5組10名様)

ご応募は以下のフォームから!

たくさんのご応募お待ちしております!

>>> リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション 無料チケット応募フォーム

応募受付締め切り:2月3日!


デザイン・クリエイティブでお困りですか?

いつもユーホリックをご覧いただき誠にありがとうございます!
本メディア・ユーホリックを運営する ユアムーン株式会社 は、東京にオフィスを構え、「クリエイティブ」 × 「ビジネス」 × 「テクノロジー」 という領域を曖昧に定義し、横断することによって、新たな価値を創造するクリエイティブ コンサルティング ファームです。

我々は、皆様のデザイン・クリエイティブに関わる問題や悩みを解決することができます!
是非、当社ユアムーン株式会社にご相談ください!

「PORTFOLIO SENSEI」-ポートフォリオ添削サービス-

ご自身のポートフォリオに出来に満足していますか?

Euphoric ” “運営元 ユアムーン株式会社では、「PORTFOLIO SENSEI」というポートフォリオ添削サービスを提供しています。「新卒/第二新卒でクリエイティブ職」「クリエイティブ業界に転職」「海外美大への入学」を目指す方に是非お勧めのサービスです!

現場クリエイター陣が見極め、添削・ご指導させていただくことであなたのポートフォリオを最大化致します!